彼氏ができたことない女性が結婚するための3カ条

恋愛や結婚に興味なくて……と言う女性が、30歳を過ぎて急に婚活を始めるケースは、決して珍しくありません。30歳ではまだ危機感がなくても、35歳を越えて「アラフォー」の仲間入りをするようになると、やっぱり不安になるのかもしれません。

また、男性を避けてきたわけでもないのに、「彼氏いない歴=年齢」という女性もいるでしょう。そんなふうに、恋に慣れていない人が結婚をするためには、何をすればいいんでしょうか?

「恋する女性」の自覚を持つ

何言ってるの? 私もれっきとした女性です! と怒られそうで、すみません……。しかし、筆者が声を大にして言いたいのは、ただの女性と恋する女性は違うということです。

女性というだけで男性が寄ってくるのは、10代~20代前半の間だけ。アラサー期は、それなりに自分を良く見せる心がけが必要ですし、アラフォーにもなれば、オシャレは必須の「武装」です。

そして、これまでメイクやミニスカートに縁がなかった女性も、恋をして結婚を望むには、オシャレが必須条件だと考えましょう。ろくに化粧もしないで外に出るのは、戦場に丸腰で飛び出すのと同じ。

「ありのままの私を気に入ってくれる男性と結婚したい」と考えるのは、ちょっとワガママかもしれません。服装、髪型、話し方、身のこなし、表情……さまざまに気を遣って、つねに男性の目を意識することが、おひとり様を脱出する第1ステップです。

彼氏がいなかったことを武器にする

「彼氏いない歴=年齢」の女性は、1度もお付き合いの経験がないことを不安に思うかもしれません。けれど、処女と結婚したい男性はいますし、初めての彼氏とそのまま結婚するケースだって珍しくないのです。

彼氏がいなかったことをコンプレックスには思わないこと。そして、ずっとおひとり様だったことを変に隠したり、強気な態度に出たりはしないことが大事です。

そのため、彼氏や旦那さん候補には、いかにも経験豊富なモテ男は選ばないほうが良いかもしれません。モテ男は女性の扱いに慣れていて、恋をリードしてくれますが、処女には抵抗があるかもしれません。勇気を出して打ち明けても、ドン引きされれば悲しくなってしまいます。

「彼氏いない歴=年齢」を武器として発揮できる男性を恋愛対象に見ることも、重要だといえます。

 

失敗は当然。落ち込む必要ナシ!

何事も初めてすることはうまくいかないものです。出会いを探すにしても、デートをするにしても、最初からうまくいくとは思わないようにしましょう。失敗は当然。落ち込む必要はないし、落ち込んでいる暇なんてない! そう考えて、ひたすら前向きに突き進んでいきます。

特に、35歳を過ぎて少し焦っている女性は、旦那さん候補を見つけるまで、心をダイヤモンドにして頑張りましょう。婚活市場における女性の年齢はとてもシビアですから、失敗のたびに落ち込んでいたら、結婚できるものもできなくなってしまいます。

また、「恋愛は恥ずかしいもの」ですから、うまくできないことは多々あると思ってください。ドラマのようにスムーズに男女関係が進むことは、現実世界ではあり得ません。

すすんで恥をかき、どんどん失敗する。この覚悟が何より大事です。

 

Written by 沙木貴咲

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…