自分を変えよう!「いい出会い」が得られやすくなる意識改革とは

「出会いがほしい」「彼氏がほしい」そう思っているうちは、気持ちに焦りが見えてしまい、いい出会いが得られにくい。そんな噂を体感済みな女性は少なくないかもしれません。

では、そこからひと息ついて、「誰かいい人いないかな~?」という状態になったとき。出会いはどうやって求めたらいいでしょうか? 今回は、腰を落ち着かせて出会いを求めたいときに意識したいことをご紹介します。

自分から声を掛けていく

出会いは、待っているだけでは得られませんよね。友達を作るときも「あ、仲良くなれそう」という相手が見つかったら、自分から声をかけるのか、それとも声をかけられるのを待っているのか、とでは、相手に映る印象が大きく変わってきます。

当然、声をかけて来てくれた相手は嬉しいでしょうから、「仲良くなろう」という意識が強く生まれます。出会いにおいても、それは同じですよね。初めて知り合う相手とは、自分から積極的に話しかけましょう。

「どうしよう、変な反応されちゃったら……」と不安になる前に、まずはひと言「こんにちは~。こういう場所って、初めてですか?」「私もすごい緊張していて」と声をかけてみては。話をしないことには、相手がどんな人かわかりません。

試しに連絡先を聞いて、日を改めて落ち着いて話をするのもいいでしょう。反対に話が盛り上がらなかったら、そのときはそのとき。また別の人に話しかければいいのです。1度や2度の失敗で落ち込まず、タフに出会いを求めて、人との交流を前向きに楽しみましょう。

人からの誘いを断らない

「出会いはどこに転がっているかわからない」もう耳にタコができるくらい、見聞きしている女性は多いでしょう。でも、人からの誘いを断らないほうがいいのは、これ以外にもワケがあります。

たとえば会社の飲み会、知人からの遊びの誘いなど。参加前はつい心配してしまいがちですが、とりあえず足を向けることが、自分のフットワークの軽さに結びつくからです。

出会いをゲットしやすい人ほど、フットワークが軽いのは想像するのに難しくないでしょう。頭であれこれと考える前に、まず参加してみる、行ってみる。なぜなら、実際に足を運んだほうが、頭で考えるよりもわかることが多いからです。

「絶対にイヤ!」というレベルを除いて、「どうしようかな~」と迷っているなら、ぜひ足を向けてみて。取り越し苦労だった可能性もありますし、参加してみたら思いのほか楽しいかもしれません。

楽しい思い出になれば、次の誘いも前向きに足を向けたくなるはず。ひとつ成功例ができたら、それを連鎖させるように、自分のフットワークの軽さに繋げてください。

物事を前向きに考える

「ネガティブよりも、ポジティブのほうがいい」それはみなさん、重々わかっていることでしょう。暗くて卑屈な人より、明るく元気な人のほうが一緒にいて楽しいですし、魅力を感じますよね。

でも、ポジティブ思考の効果は、これだけに留まりません。たとえば飲み物を注文する際、まだ飲んだことのない飲み物があったとします。危険を避けて、無難な飲み物を注文するのか。それとも「頼んでみようかな」と興味を持てるかで、周りもあなたのチャレンジが気になるはず。

たとえ飲み物が口に合わなくても、あなたのチャレンジ精神に興味を持ってくれる人がいるかもしれません。好意を持っている人がすでにいれば、「俺のと交換する?」と優しく接してくれるかもしれません。

後ろ向きに考えるよりも、前向きに考える姿勢を日頃から身につけましょう。すると、自分だけではなく周りも楽しむことができ、そんな姿勢に魅力を感じる異性も増えるはずです。

自分が変われば出会いは変わる

逆の行動を取っていたなら、ぜひ今日から改めてみて。自分が変われば、出会いは変わります。ステキな出会いを自分から引き寄せる意識を持って、恋を楽しめるといいですね。

 

 

Written by 柚木深つばさ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…