ナルシスト女の生態系に迫る!

「ナルシスト女」と聞くと、筆者は『白雪姫』の継母を連想します。毎日のように「鏡よ鏡よ鏡さん、この世で1番美しいのは誰?」って、相当なナルシスト女ですよね。現代女性の場合、鏡ではなく、携帯電話の自撮り機能をのぞき込んでいるケースが多いのでは?

ナルシストの由来はギリシャ神話に登場する美少年

ナルシストの語源になっているのは、ギリシャ神話に登場する少年・ナルキッソスです。水を飲もうと泉に向かったナルキッソスは、水面に映る少年の美しさに胸キュン(自分のことなんですけどね)。そのままキッスしようと、顔を近付けたところ、勢い余って泉に落ち、死んでしまった……という、なんともトホホな神話が、ナルシストの由来です。

良いナルシスト女or悪いナルシスト女

ナルシストに対して、マイナスイメージを持つ人のほうが多いかもしれませんね。しかし筆者は、ナルシストであることが駄目だとは、これっぽっちも思わないのです。正確に言うと、良いナルシストと悪いナルシストが存在します。

「リア充アピール」は「笑う門には福来たる」に通ずる!?

たとえば、冒頭で挙げた「携帯電話の自撮り機能」をフル活用している女性。女性として、綺麗でありたい・可愛くありたいと願うのは、素敵な感情です。その自撮り画像を、InstagramFacebookTwitterなどのSNSへアップするのも大いにけっこう。一部には、「リア充アピール」と陰口を叩く人もいるようですが、「笑う門には福来たる」という言葉もあるくらいですからね。

SNSにポエム投稿するナルシスト女

SNSにおける「悪いナルシスト」は、いわゆる「構ってちゃん」なポエム調の文体で投稿する女性! はたから見れば、完全に「自分に酔っている状態」です。ガチでお酒に酔っ払って、うっかりポエム投稿するパターンもあるでしょう。そういった場合は、速やかに削除を。

電車内でメイクするナルシスト女

「悪いナルシスト」といえば、電車内でメイクする女性も該当しますよね。電車内でのメイクは、マナー違反であるという認識が、やっと浸透してきた昨今、それでもメイクする図太さ! その姿はまるで、「マナー違反は百も承知のうえ、私にはバッチリメイクで行かねばならぬ場所があるのだから、仕方ないでしょ!」と、開き直っているかのよう。「バッチリメイクで行く場所がある」という部分に陶酔している、悪いナルシストです。

 

メイクのために早起きするのは「良いナルシスト」

メイクにおける良いナルシスト女は、家を出る時間に合わせて、早めにメイクをします。時短メイクではなく、念入りにメイクをするのは、少しでも自分を美しく・可愛く見せたいという、女心の証し! 場合によっては1時間近くかけても良いでしょう。たとえば社内に気になる男性がいる場合、早起きしてメイクを頑張るのは、良いナルシストに該当します。

 

「私のカラダが目当てだったのね」は悪いナルシスト

セックス版・悪いナルシストといったら、なんといっても「私のカラダが目当てだったのね」という発言です。一体、どれだけ素晴らしいカラダをしていると思っているのでしょうか? セクシー女優さんのようにボンキュッボンのナイスバディならともかく、ごく標準的な体型の女性が言ってはいけないセリフだと、筆者は考えます。

早漏男性ウェルカムな良いナルシスト女

セックス版・良いナルシスト女は、すべてをポジティブに受け止めます。たとえば相手男性が早漏だった場合! 「私はまだイッていないのに……!」などとボヤくことなく、むしろ「私の締まりが良かったのかしら」と捉えることができるのは、良いナルシストです。さらに膣圧をアップさせるべく、下半身の運動に励むようになればパーフェクト!

自虐や自己否定よりは、ナルシストのほうがよっぽど良いと、筆者は考えます。とは言え、ひとくちにナルシストといっても、その生態系は様々……。良いナルシストでありたいものですね!

 

Written by 菊池美佳子