「元彼に未練たらたら……。立ち直る方法を教えて下さい」(31歳女性・OL)(ラブホスタッフ上野さん)

Q:「元彼に未練たらたら……。立ち直る方法を教えて下さい」(31歳女性・OL)

ご質問誠に有難う御座います。

未練に関して言えば、世の中にたくさんの「未練を解消する方法」のようなコラムが御座います。
また本やセミナー、その他諸々たくさんの解消すると呼ばれる手段があることでしょう。

これらは全て間違いなく効果が御座います。どんな方法をしているのか私も詳しい内容は知りませんが、間違いなく効果があると言えるでしょう。

何故ならば、どの手段も全て「時間を使う」という共通点があるから。

人間は忘れる生き物でございます。そして同時に強い感情を抱き続けることができない生き物です。死ぬほど好きだった人のことが「まぁ好き」くらいになり、あれほどつらかった思い出が「あー辛かったね(笑)」と笑えるくらいの辛さになる。
そんな風に良いことも悪いことも覚えていられないのが人間という生き物です。

確かに辛かった思い出を笑えるようになるまでには時間が必要なことは間違い御座いません。
ですが辛い思い出にしても楽しい思い出にしても、時間とともにどんどん薄れていく。昨日の時点で100辛かったのならば、今日の時点では少なくとも99になっているはずなのです。100の辛さが、翌日になっても100のままであるのならば、それは外部から力が加わっている。辛さを減らさないように何者かが努力をし、力を加えている以外に理由は御座いません。

その「何者か」が誰なのか。それは言うまでもないでしょう。どこにでもいる平凡な庶民である私たちのために、わざわざ労力をかけて不幸にしようなんて画策する暇人など、世界にはそうそうおりません。
断言しますが、今ここで「私の場合だけは例外だ!」と思った方は99%被害妄想です。

懐かしい思い出ですが、小学校の頃「俺は運が悪いから、2分の1を絶対に外す!」と豪語している友人がいましたが、彼がその能力をまだ持っているのであれば、一緒にFXをやりたいものです。
無能・不幸・不運の方向性であっても、それが群を抜いて高い方は希少価値なのです。残念ながら我々凡人は、負の方向であっても希少価値にはなれません。

その何者か、は本人以外にありえない。

それでは、もし本人が辛さを減らさないように力を加えているのであれば、それは何故か。

どうして不幸になることをするのか……と考えていたら永遠に答えは出ません。

わざわざ力を加え、辛い記憶を減らさないことこそがその方にとっては幸福であるから。

それ以外に理由は御座いません。

もしご質問者様が未練が残ることが幸せなら、立ち直る方法など不要でしょう。立ち直ってしまったら不幸になるのです。
ですがもしご質問者様が未練を無くしたいと願っているのであれば、それは時間が解決してくれます。
あと何日何時間何分何秒かかるのか、それは私には分かりません。

ですが、このコラムは大体1,500文字ですので5分ほど読むのにかかることでしょう。それであれば、私はご質問者様が「未練に縛られている時間」を5分だけ短くしました。

ご質問者様が1分笑えば、未練が無くなるのに必要な時間は1分間減ります。1分間悩んでも1分間減ります。
1時間遊べば1時間減りますし、1日仕事をすれば1日減ります。

確かに残り時間は見えません。ですが何をしていても1秒ずつ減る。逆に言えば何をしても1秒ずつしか減らない。

それならば、何を不安に思うことがあるのでしょうか。もちろん悩んだって構いませんし、遊んだって構いません。
何をしても1秒ずつしか減らないのですから、好き勝手やれば良いのです。

 

Written by ラブホスタッフ上野さん