付き合ってる感じがしない! 男性が不満に感じる女性の態度

僕の知り合いに「彼女がいるけど、付き合ってる感じがしない」という男性がいます。話を聞くと、彼女の予定が優先されることが多く、二人の時間がほとんどないそうです。

これは極端な例にしても、男性が不満を持つのは彼女が冷たいときです。男性が付き合ってる感じがしないと思うのは、どんなときなのでしょうか。

LINEの返事がない

彼女に会える日を楽しみして、1週間がんばるという男性はたくさんいます。会えない日の寂しさを埋めたり、彼女のことをもっと知りたいので、LINEなどで連絡をします。

でも返信がなかったら、男性の思いは一方通行になってしまいますよね。それは片思いの状態と何が違うのでしょうか。まさに「付き合ってる感じがしない」状態だと思います。

デートを盛り上げる気がない

男性は彼女に頼られたいし、褒めてもらいたい。そのためにデートコースも一生懸命考えるし、プレゼントをするために働いて稼ぎます。張り切って準備したデートなのに、彼女がそっけない態度だったらどうでしょう。

今まで彼女のためにがんばってきた思いが空回りしてしまいます。そっけない態度が続くと、いずれ男性の気持ちは折れてしまうでしょう。

予定が合わない

デートが盛り上がらない以前に、予定すら合わないことがあります。いつも彼女には先約が入っていて、会う時間が作れない。彼女は予定があるからいいかもしれませんが、男性は予定がないかもしれない。

それはただ寂しいだけです。特にそのあと、なんのフォローもなければ、不満はかなり溜まります。お互いに時間を作って過ごすからこそ、恋人関係なのではないでしょうか。

仮に彼女がとても忙しい人間だとしても、恋人のために時間が作れないようではいけません。

手を繋いでくれない、キスをしてくれない

恋人なら当たり前のことができない状態は、不満がたまる一因になります。例えば、恋人なら手を繋いでデートをするのは普通だと思います。

外で手をつなぐのは恥ずかしいという人もいますが、恋人ならそこは乗り越えてほしいところ。他にも、キスやセックスを拒まれると、男性は落ち込みます。様々な理由で拒むときはあると思います。

でも、その理由が男性に伝わらないと、「付き合っている感じがしない」と思うでしょう。

ラブラブな時期がない

付き合いはじめたばかりは、毎日楽しい時期ですよね。この時期は「付き合っている感じ」が強く感じられます。なぜなら、恋愛中はいろんなホルモンが分泌されるからです。

多幸感をもたらすドーパミン、ときめきホルモンといわれるエストロゲン。なんだか楽しい気分になったり、女性の肌が綺麗になるのも、そのホルモンのおかげ。

付き合ってる感じがしないカップルには、その時期はあったのでしょうか。例えば、お互いにシャイで距離を縮められないままでいると、ラブラブな時期を過ごせないかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
恋愛中は、相手のどんなことも好きになってしまうようなラブラブな時期があります。その時期が過ぎ、少し冷静になったときに初めて、お互いの思いやりが大事になってきます。

マメに連絡をしたり、デートを盛り上げたり、恋人のために時間を作ったり。それこそが「付き合ってる感じ」を本物にするための、お互いの努力なのではないでしょうか。お互いに好きな気持ちがあるのに、相手に不満を感じさせてしまうのは、とてももったいないことだと思います。

 

Written by 前田 ヒロキ