【彼がひとりになりたい心理】あなたは本当にわかっている?

あなたは、無性にひとりになりたいと思った瞬間はありませんか? 自分がひとりになりたい心理になったときは、理由が納得できるのに、いざ誰かにそういわれると不安になってしまうものです。とくに、それが大好きな彼だったら尚更!

今回は突然彼が「ひとりになりたい」といってきたときの心理に迫ります。あなたの彼がひとりになりたい心理はなんなのでしょうか?

心も体も疲れているので休憩したい

ひとりになりたい心理としては、1番に考えられるのが疲れているということ。仕事で疲れた、対人関係に疲れたなど、日常で感じたストレスをひとりになって解消したいと感じているのです。

実は、本当に心や体が疲れているときは、人としゃべったり同じ空間にいるのさえ疲れると思う人も意外と多いもの。

つまり彼の心理は、あなたが嫌いだから、うっとうしいからというわけではなく、ただただ心や体を休憩させるためにひとりになりたいと思っているのです。そんなときは、そばに寄り添うのではなく遠くから見守ってあげるのが本当の優しさになりますよ。

ゆっくり考えごとをしたい

ひとりになりたい理由は、彼になにか考えたいことがあるからなのかも。誰かと一緒にいる空間では考えられない大事な悩み事や、決断がある場合も人がひとりになりたい心理のひとつ。

ゆっくりと何かを考えたいと思っているときに、他に人がいては集中できません。それでも、大好きな彼の悩み事なら力になりたいと思うのが当然ですよね。

しかし、この場合のひとりになりたい心理としては、それは誰かに相談して解決や判断するような悩み事ではないのです。今の彼にはひとりになって、ゆっくり考えられる時間が必要なのでしょう。

誰にも邪魔されず趣味に没頭したい

中には忙しく時間が取れない、ようやく休日になったなんてときにひとりになりたい心理が強くなる人もいます。

彼女としては「せっかく一緒に過ごせる時間なのに……」と思ってしまうかもしれませんが、男性の脳としては誰にも邪魔されず趣味に没頭したい! と願っているのです。さらに、こうした行動も悪気がないパターンが多いでしょう。

時間の取り方は人それぞれなのです。とくに、趣味は気持ちをリセットし心をリフレッシュしてくれる大切な時間。もちろん、あなたも大切ですが趣味も大切なのです。それは、彼にとって比べる対象ではないのかもしれませんね。

あなたになにかを隠したい

人は誰かになにか隠したいと思っているときも、ひとりになりたいと感じます。心理としては、バレたら大変な嘘があるか、隠しておきたいサプライズがあるかなど。

とにかく、あなたに知られたくない隠し事があるのかもしれません。少し単純にも思えますが、顔を合わせなければバレないのではないか、会わなければ探られることもないといった心理なのでしょう。

彼がひとりになりたい心理としては、まさに女の勘が働きそうな理由ですね。

まとめ

彼がひとりになりたい心理は理解できましたか? たぶん、自分がひとりになりたいと思ったときも、このような心理のどれかに当てはまるのではないでしょうか?

そんなときは、彼のひとりになりたい心理を尊重してあげるのもいいのかもしれませんね。

 

Written by h103