彼氏を傷つけない別れ方のコツは、あえて悪者になること?

彼氏と別れたいとき、できるだけ彼氏を傷つけない別れ方にしたいと考えることもあるでしょう。こちらから別れを希望する場合はどうしても彼氏を傷つけてしまいそうですが、傷つけない別れ方があるのなら知りたいもの。

今回は、彼氏を傷つけない別れ方をご紹介します。

別れの原因はあなた自身にする

別れを切り出されると「オレの何が悪かったのか」「オレのせいなのか」など、自分を責めるタイプの人がいます。ネガティブ思考や彼女が大好きだとそう考えやすいかもしれません。

このタイプは延々と「オレが悪い」と考え、さらに「オレの悪い部分を改善すれば別れを回避できるのでは」と考えます。それではすがられてしまい大変なので、別れの理由はすべてあなたが原因ということにしましょう。

「他に好きな人ができた」「恋愛をするのが面倒になった」など、彼氏は悪くないことを伝えてください。そうすれば彼氏が自分を責める可能性は少なくなります。

別れのタイミングを見定める

傷つくかどうかは彼氏のメンタルの状況にもよります。弱っているときに彼女から別れを告げられてしまったら、彼氏は立ち直れないくらい落ち込んでしまうかも。

彼氏の体調が悪いとき、なにかつらいことがあったとき、悩み事があるとき、親しい人とケンカしたとき……そういうときは、別れ話を切り出さないようにしてください。

できれば、彼氏が仕事なり趣味なりで充実しているときがいいですよ。恋愛以外の楽しみをもっていれば、彼女がいなくなっても全てを失った気持ちにはなりません。

彼氏に期待を持たせない

こちらから別れを切り出す以上、中途半端なことは禁物です。彼氏に復縁の可能性をちらつかせてしまうと、それだけ彼氏は期待してしまいますし、次の恋へと進めなくなってしまいます。

復縁の可能性を信じて待っていたのに、復縁できなかった……それでは彼氏がひどく傷ついてしまうはず。

彼氏が傷つかず、さらに早く次の恋を見つけてもらうためにも、復縁を匂わすような言動は控えてください。

少しずつ距離を置いて察してもらう

どうしても自分から別れを切り出せないのなら、自然消滅を狙う方法もあります。連絡やデートの回数を少しずつ減らしていき、彼氏に別れを察してもらうのです。

距離を置いていく段階では、彼氏から「会いたい」「最近、返事遅いね」と言われると思います。そんなときは「仕事が忙しくて」「疲れがたまっているから」などと言い訳を繰り返してください。

よほど鈍い男じゃない限りは、彼女が別れたがっていることに気づくでしょう。彼氏にあなたへの気持ちがそれほどなかったり、あなたの気持ちを優先したいと考えていたりしたら、そのまま自然消滅ができます。

相手から嫌われるようにする

自分から別れるのではなく、彼氏から別れてもらうようにすることもできるでしょう。あなたが彼氏に嫌われるようなことをし続ければ、やがて彼氏が別れを切り出してくるはず。

たとえば、彼氏の前で鼻をほじる。それも食事中に。きっと彼氏は信じられないという目であなたを見るでしょう。不衛生だったり常識に欠けていたりするとすぐに嫌われると思います。

ここまでのことをする勇気がないのなら、彼氏のスマホを覗き見る、お金目当てかのような発言をするなどしてみてください。

別れるときは覚悟を決めて!

彼氏が傷つかない別れ方をするにしても、あなたから別れを切り出す以上、彼氏を傷つけてしまうかもしれないことは意識しておいてください。そのことを頭に入れて、上手に別れてくださいね。

 

Written by 神之れい