友達と恋人の違いって何? 2つの関係の境界線とは……。

友達と恋人の違いはなんでしょうか。一緒に遊ぶ、食事をともにするなど、共通点は多いですよね。身体の関係があるかどうかという基準もありますが、これはセフレという存在も友達として含めるとあいまいなところです。

この記事では、友達と恋人の違いをご紹介します。

離れるのに理由がいるかどうか

恋人とは、定期的に連絡をとったり会ったりするもの。いわば会うのが当たり前であり、会わないのが不自然な相手です。遠距離のような特別な事情がない限り、恋人とは会い続けると思います。

だからこそ、離れるときには理由が必要となります。「あなたのことが好きかどうかわからなくなった」「転勤になった」「恋愛をする気分じゃなくなった」など、理由はそれぞれ。定期的に会うことが前提、離れるにはそれ相応の理由がある。それが恋人同士というものです。

一緒に人生を歩みたいと思うかどうか

結婚願望があるにしろないにしろ、「この人と一緒に人生を歩んでいきたい」「ずっと私の人生と関わっていてほしい」と思うかどうかがポイントです。

もちろん大切な友達とも長く付き合っていきたいとは思うでしょうけれど、人生に深く関わってほしい・自分も相手の人生に深く関わりたいと思うかどうかは微妙なところ。

恋人のほうが、友達よりもずっと親密でいたいと思うのです。

忙しくても相手を優先したいと思えるかどうか

仕事が忙しい、体調が少し悪いなど、自分にとって誰かのために時間を作ることがむずかしい時期というのは多々あると思います。

そんなときに相手から「会いたい」と言われたとします。ここで多少なりとも無理をして会おうと思うのが恋人です。友達の場合だと「落ち着いたらまた会おうね」という展開になるもの。

もちろん多忙すぎる際は恋人と言えど断りますが、時間を作りたいと思う気持ちの大きさには差があると思います。

相手の恋愛経験に無感情でいるかどうか

相手の過去の恋愛経験を聞いているとき、嫉妬をせずに平気で聞けるようなら、それは相手に対して恋愛感情をもっていない可能性大。つまり友達という関係なのでしょう。

しかし恋人なら、多少なりとも嫉妬やいらだちを覚えます。中には「私よりも元カノのほうが好きなんじゃないの?」という疑いの気持ちがでたり、ネガティブになったり……。

感情がどれだけ起伏するか、これも見極めるポイントとなります。

独占欲を持つかどうか

友達は何人でも作れますが、恋人は原則一人しか作らないものです。そのため、自分も相手も特別な存在です。それゆえに相手を独占したいという欲求がでるのも当然だと思います。

「友達がたった一人しかいないから、その子を独占したくなる」というケースは除きますが、基本的に友達に対して独占欲は持たないもの。独占欲を持つのは恋人に対してだけです。

また、相手から独占欲を持たれても許せるのが恋人関係。むしろ、独占欲を出されたほうが嬉しくなる女性もいるはずです。

恋人はやっぱり特別な存在

恋人とは違い、友達にはまず抱かない感情というものが必ずあります。また、セフレという存在を無視すればベッドでの行為も恋人同士だけの特別な行為です。

友達と恋人の違いは自分なりの基準を探ってみるのも面白いですから、1度じっくり考えてみるのもいいですよ。そうすることで、自分の恋愛観もわかってくると思います。

 

Written by 神之れい