線の濃さ、長さ、位置から読み解く!あなたの結婚適齢期

面倒な計算やテクニックは必要なし。手にあらわれているサインを見るだけで、簡単にセルフチェックすることができる手相。今回はアラサー女性の多くが関心を寄せる12の手相をピックアップ。玉の輿に乗れる? 今のパートナーは難あり? 宝くじが当たるかも? などなど、役立つ&話のネタになること間違いなしの手相を、手相占い師の大悟さんに教えてもらいました!

まずは誰もが一度は気にするだろう結婚適齢期について。手のひらの側面、小指の下に出るのが結婚線(A)。小指の付け根と感情線(B)の真ん中を30歳とし、さらにその真ん中を、それぞれ上が40歳、下を25歳として年齢を判断。「きれいに長く上向きに伸びていれば、いい結婚であることは間違いないでしょう。線に乱れや島があると障害が出てくる可能性大なの」(手相占い師 大悟さん)。運命線との兼ね合いも見逃せません。「運命線が途中で切り替わる年齢と、結婚線が示す年齢が近ければ、結婚によって人生がさらに発展するというサインよ」(大悟さん)。

【大悟さんからのアドバイス】
「宝石と物件と男はご縁もの。結婚線がない人、こればっかりは仕方ないんです。結婚の2文字を優先順位から外して。臆せず恋をして、好きな仕事に打ち込めばいい。幸せの形はみんな違うの」

【For Fガイド:For F 編集部】

All Aboutの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…