なぜハマる?「浮気」と「不倫」の違いと実態

皆さんは「浮気」と「不倫」って使い分けていますか? 同じように使ってしまいがちですが、ふたつの言葉には違いがあります。今回は “「浮気」と「不倫」の違い”と、その「実態」について探ってみたいと思います!

浮気と不倫の違い

浮気とは?

特定の恋人がいながら他の異性と交際関係を持つことを「浮気」といいます。「浮気」に関しては個々に解釈が違っていて、たとえば「キスをしたら浮気」、「手を繋ぐなど身体に触れたら浮気」という人から、「二人きりで会ったらもう浮気」という方まで様々なのですが、一般的には性交渉を伴わない男女間の密会に「浮気」は含まれないとされています。

「浮気」という言葉は、既婚であろうとなかろうと適応され、広い意味で用いられます。既婚の場合は上記の「特定の人」が夫(妻)になるわけです。

 不倫とは?

配偶者以外の異性と恋愛をし、性交渉を行う行為が「不倫」です。この言葉は婚姻関係にある男女に限って使用されます。発覚すると裁判問題に発展するなど、より深刻な状況になる可能性が高く、民法上では「特定の相手と不貞行為を繰り返すこと」=「不倫」とされています。

浮気や不倫の実態

働く女性350人(半数は未婚)を対象に行ったある調査結果から女性における浮気や不倫の実態が分かります。質問の答えに沿って探ってみましょう。

●質問①「過去から現在において浮気(不倫)をしたことがありますか? 」

「はい」と答えた人がなんと58%でした。半数以上の人が浮気(不倫)を経験していることになりますね。二人に一人ですよ!「事件は現場で起きている」なんて名ゼリフがありましたが、浮気(不倫)はドラマや小説の中だけで起きてるんじゃない! 日常生活の中にごろごろ転がっていることになります。

●質問②「浮気(不倫)相手とはどこで出会いましたか?」

「職場」という答えがダントツで70%以上でした。やはり過ごす時間の長さが大きく影響しているようです。そのあとは「趣味の集まり」、「学生時代の友人」、「ネットの出会い系等」と続きます。同窓会での再会から……というのもよく聞きます。なんにせよ、外に出るということは出会いの場が増えるということなのですね。

●質問③「どのくらいの期間交際しましたか(交際していますか)?」

「1年以上」24.6%、「1年未満」23.6%、「3年以上」20.7%、「7年以上」13.8%、「5年以上」12.8%、「1度だけ」4.4%

1度の過ちは意外に少なく、ほとんど年単位で長く交際していることに驚かされます。さすが女性というべきか、恋人や夫にバレないんでしょうか……? 考えようによっては普通の恋愛より浮気(不倫)の方が長続きするということになりますね。

●質問④「浮気(不倫)のきっかけは何ですか?」

「何度も顔を合わせるうちに惹かれあって」59.1%、「その他」20.7%、「寂しくて」15.8%、「パートナーとのセックスレス」9.4%、「ストレス」5.4%

浮気(不倫)の理由として思い浮かぶのはパートナーへの不満ではないでしょうか? けれど意外や意外、実際には「何度も顔を合わせるうちに」という普通の恋愛と変わらない回答が6割近かったのです。いよいよ浮気(不倫)の日常化ということでしょうか……。

●質問⑤「これまでに浮気(不倫)した相手は何人いますか?

この問いに対しては「一人」が51%でした。次いで「二人」、それ以上は24%という結果に。交際期間と合わせて、特定の相手と長く関係を続けているという結果でした。

今回のまとめ

調査結果から浮気(不倫)がどうやら日常化しているという実態が見えてきました。けれど実際には結婚していたり、恋人との関係を継続している以上、浮気(不倫)が日常であるわけがありません。非日常であり、現実から目を背けていられる関係だからこそ楽しく、刺激的なのでしょう。

けれどそこには大きな「代償」が口をあけて待ち構えているということを忘れてはいけません。もし不倫が暴露されたら……家庭、職場、子供の学校での立場などすべての社会的信用が崩れ去ります。

慰謝料の問題ものしかかってきます。通常不倫の慰謝料は200〜1000万程度で収入や度合いによって変わりますが、何にせよ裁判になれば逃げることは出来ません。

浮気の場合は慰謝料はありませんが、信用を無くすという点では同じです。女性に比べて男性の方がパートナーの浮気を許す確率も低いといわれています。恋人ばかりでなく、周囲から蔑まれ、友達を無くすことだってあるでしょう。

余談ですが、愛人関係から結婚したカップルの実に75%が結局離婚に至ったというデータがあります。浮気でなくなった途端に恋愛の楽しさも消えてしまうのです。

もしあなたが浮気(不倫)をしているとしたら……多くのリスクを背負っても続けていく意味があるのかどうかをいま一度考えてみられてはいかがでしょう。それでも続けていきますか……?

 

Written by mami