「俺、彼女いないよ」発言、嘘か本当か見抜く3つの言葉!

恋人がいるのに、気になる異性を発見してしまったという場合、男性はしばしば、交際の事実を隠すことがあります。その理由は、本能的に目の前の異性とベッドインしたいという考えにいたってしまうから。ほぼこれです。

だからこそ、とりあえず下手な嘘をついて、目先の魚を追いかけようとするわけで、自分の本来の彼女については、「まあ、バレないっしょ」と考えてしまうんです。

で、実際、そういう人の嘘を見抜くのって、なかなか難しかったりします。なんせもともと嘘が上手い人なら、いくらでもそれっぽく話をでっちあげますし、そういう人に限って、また口説き文句も多彩。ついつい誘惑されてしまいそうになるんですよね。

でも、「彼女いないよ」と言ってくる男性が、本当のことを言っているのか見抜く方法はいくつもあります。ちょっとここに書き記していきましょうか。

「スマホみせて」と言ってみよう!

スマホは、個人情報の集合体。様々なプライバシーが、ここに詰まっています。つまり、スマホを見れば、大抵は彼女がいるのか、いないのかが分かってしまうわけですね。

だから遠慮なく「ねえ、スマホ貸して。暗証番号は?」と聞いてやればいいのです。

この発言に対して渋るようなら、十中八九、相手は彼女もちです。「これから口説こうって相手に、スマホ1つ貸し出せないならもういいわ」と言って、適当に振ってあげましょう。

「今日から泊まりに行っていい?」と聞いてみよう!

次に、彼女が男性の場合、大抵は週末になるとデートに出向くものですし、たまにはアポなしで彼女が家に訪れることもあります。そもそも彼女と同棲している場合だってあるでしょう。

だから、極力自分の部屋に、別の女性を上げたいとは思わないものです。そこを突くわけですね。

「1週間ばかし、あなたの家でお世話になるね~」なんて冗談っぽく言ってみましょう。これを真顔で、あるいは引きつった笑顔で「またまた~」なんて返すような男性は、もう“そういうこと”だと思っておきましょう。

「いつ電話したら出てくれる?」と聞いてみよう!

また、恋人がそもそもいる男性の場合、1番恐れているのが、自分の彼女と一緒にいるときに、浮気相手から電話が入ることです。できれば、彼女といるときはスマホが鳴らないで欲しい。そう願っています。

だからその思いを上手く利用してやりましょう。電話番号を交換した上で「いつだったら確実に電話に出れる?」と聞くのです。

このとき、やたら時間帯を詳しく指定してきたら、「なんでそれ以外は電話に出れないの?」と追及していきましょう。

相手がしどろもどろになったらしめたもの。「なんだか、彼女でもいるみたいだね」と言って、そのままさよならすればいいだけです。

おわりに

このように、浮気を画策する、彼女もちの男性の罠は、発言1つで一気に挽回できることが多いものです。

とりあえずスマホを見せてもらうというのが、1番手っ取り早いですが、中には彼女とのメールやラインを上手く偽装している男性もいます。そういう場合は、残り2つの手段で、効果的に対応していただければと思います。

 

Written by 松本ミゾレ