ルックスは関係なし! 永遠にモテる女性になるための3大条件!

世の中には、モテるタイプと、モテないタイプがいます。そしてこの両者を分けるのは、第一にルックス。そして第二に、社交性です。ルックスがいい人は、黙っててもある程度モテます。社交性がある人は、グイグイ異性に接近して、愛情をもぎ取ることができます。

つまり最強は、ルックスのいい社交的な人物ということになるわけですが、なかなかその2つを兼ね揃える人というのも多くはありません。

ルックスはどうしようもないところですが。では一方で社交性はどうでしょうか。ちょっとだけ無理をすれば、ここは自力で矯正することも、不可能ではない分野です。

今回は、ずっと異性からモテる女性になるための、社交性に起因するポイントを、いくつか書いていきたいと思います。

ポイント1:異性と多く知り合い、二人で遊びに行く!

恋愛をするにはまず、異性の知り合いを多く作ることからスタートしなければいけません。出会った男性には、とりあえず自分という人間を好意的に見てもらうため、笑顔で積極的に話しかけましょう。

第一印象はかなり重要なので、最初からガツンと印象付けをしておくと効果的です。ある程度の雑談もこなせるような関係になったら、二人で遊びに行くことを提案してみるのもいいですね。

男性は、女性からこういう提案をされると、シンプルに嬉しい気持ちになります。なかなかこういう積極的な女性っていませんから、他の女性とも、いい差別化を図れることになると思いますよ。

ポイント2:交際までの敷居なんかなくていい!

恋愛に奥手な女性に共通しているのが、過剰なまでに慎重であるというところです。

傍から見れば「さっさと付き合えばいいのに」と思える関係にある女性が、交際になぜか二の足を踏んでいるというシチュエーション、皆さんも覚えがありませんか?

ああいう状態は、男性にしてみてもじれったく感じるもの。ともすればめんどくさくなってしまうこともあるし、別の〝話の早い”女性とさっさと付き合ってしまうこともあるでしょう。

はっきり言って、世間の多くの女性は、相手を値踏みして、慎重になって交際を判断するほどの器量ではないわけなので、下手に敷居を高くすると、男性からは「何様だよ」と思われるだけです。

付き合うなんて判断、大人なんだからさっさと決めてしまいましょう。その敷居が低い人というのが、彼氏が絶えない女性なんです。

ポイント3:相手のルックスにはこだわるな!

そもそも今回のテーマは、ルックスに関係なく、永遠にモテる女性になるためのポイントです。だからこそ、究極的には自分の人柄を相手に理解させて、交際までもっていくという戦法が大事になります。

と同時に、裏を返せば、自分のルックスではなく、社交性で勝負する以上、相手のルックスにもあまり贅沢な注文は付けられないということでもあります。

言い換えればストライクゾーンをどんどん広げてほしいということです。男性の好みを、あまり過剰に意識せずに、「こういう男性でもいいかもな」ぐらいのラフなノリで交際を決断してほしいのです。

変に恋人の理想が高い上に、何年も彼氏のいない女性は、男性からは失笑されるだけ。そういうちんけなこだわりは不要です。

おわりに

というわけで、今回は現実的に、女性がモテ続けるために必須とされるポイントを挙げていきました。

しっかりと実践すれば、必ず効果を実感できるはずです。面倒かもしれませんが、彼氏がほしい、モテたいというのであれば、試してみてください。

 

Written by 松本ミゾレ