ストップ童貞メガ進化! 愛する彼とずっとラブラブでいる為に必要な事(株式会社たかだまなみ)

お世話になっております、株式会社たかだまなみです。ダメ男に子宮がときめいてしまう、ダメ女の極みとして恋愛や結婚について発信させて頂いております。

さて、みなさんも経験されたことがあるかもしれません。ずばり、童貞メガ進化。私の特技のひとつです。

童貞メガ進化とは

異性とお付き合い経験のない男性の多くは「経験のない新品の僕と付き合ってくれるなんて君は女神だ!」と最初はとても喜んでくれます。

彼の友人も祝福モードです。しかし付き合ううちになぜか態度が横柄になり、ふんぞり返ります。最終的には「俺は大海に出たい。」とか「異次元の大宇宙(コスモ)を知りたい。」と明後日の方向にナルシシズムと井の中の蛙を混ぜて潰して二で割ったようなことを言います。

要は他の女性にも自分が通用するか試したいんですね。これが、童貞がメガ進化する、ということです。

童貞さんが進化する、というのは単純に自信を持ちイイ男になるということですが、メガ進化は進化というより調子に乗った発言が増え、タチが悪くなるので実質は後退である、と言っても良いでしょう。

楽しめないカンケイ。それは彼がメガ進化したからかも?

これはなにも童貞さんに限ったことではありません。男性の多くは子供の遊び心のように童貞マインドを持ち続けます。

「付き合う前はあんなに優しかったのに……。」「最近あんまり優しくしてくれない。」女子が集まればこの手の話、あるあるですよね。

私がいけないのかな、私の魅力がなくなったのかな。そう思って苦しんでいる方も多くいらっしゃると思います。

せっかく彼氏がいるに、イマイチ楽しそうな顔をしていない人、楽しいはずなのに何かモヤモヤする、でもそれをうまく言葉にできない。

ら~ら~ら~らら~ら~♪と小田和正を白目で歌いだしていまいそうな方、その関係はレッドカードの一歩手前まできていますよ!

彼が変わってしまうのは彼の問題です

彼のために手を変え下着を変えても、態度が昔のようにならない……。はっきり言いましょう。それはあなたのせいではなく、彼の問題なのです。

例えば、私の場合、性格的に病的お節介焼きのため、彼を子ども扱いして、何から何まで面倒を見てしまいます。わかっています。趣味です。病です。それで彼がどんどん横柄な王様になっていきました。

でも私、気づいてしまったんです。この婚活プロジェクトをスタートしてから色んなダメ男じゃない方と価値観を共有する度に、私が彼に施してしまうことをいらぬお節介と思う人はやんわりと、スマートに断ってくれます。

私が率先してやったことを感謝してくれ、代わりに僕はこれをしておくね、と二人でいると相乗効果になる人だっています。

なぜ彼はメガ進化するのか

私のお節介焼きを、重いな面倒だなと思う人、そのまま受け入れて同じだけ何かを返してくれる人もいる、ということは私にとって新しい発見でした。

な~んだ、すべての男性が横柄になるわけではないんだ、と思ってから、私だけが悪いんじゃないんだと思うことができたのです。

彼が昔のように優しくしてくれないのは、「何か気に入らないことがあったり、彼女に飽きたりしたら、冷たくして良いんだ。」と彼が彼自身に許可しているだけなのです。それがあなたであろうと、他の女性であろうと一緒です。

ずっとラブラブで寄り添えるパートナーであるために

「僕は変わらない、ずっと君を想っている。」そんな男性の優しい言葉を鵜呑みにしてはいけません。私も「愛してる、ずっとこれからも一緒にいよう。」と言われたのに3日後に別れた経験もあります。

「何が『愛してる』だよ、お前が愛してたのは私の瞳に映る自分だろうが。」と吐き捨てて去りました。

ずっと仲の良いパートナーでありたい。ならば、同じ考えの男性をパートナーにする他はありません。世の中のおじさん達をみてください。

若い娘が好き、奥さんじゃもうイケないなどと自分を正当化して外に何かを求めています。そのおじさんだって、奥さんと結婚するときには「君しか見えない、一生君を守るよ!」などと言っていたに違いありません。

言葉はいらない、態度で示せ。それが誠意ってもんだろうが

……ふっ、懐かしい……言葉。「言葉はいらない、態度で示せ。それが誠意ってもんだろうが。」は私の2006年の流行語大賞でした。

かつてこのスローガンをDV男に大声で1日100回復唱させられたものです。まさかここで、この言葉をみなさんにおすすめする日がくるとは。人生何があるかわかりませんね!

話を戻しますと、ずっとラブラブなパートナーってどうしたらわかるの? という質問には言葉は信用するな、彼の態度を見ようとお答えしておきます。

私もこの人は! と思ったのに蓋を開けたらDV野郎だった、ということが4回くらいありました。さすがにこればかりはやってみないとわかりません。

でも、まずは忘れないでください。ずっとラブラブでいたい! と思っている人がラブラブでいるための努力をするということ。(彼にその気がないなら、私たちに彼を変えることはできません。)

彼がメガ進化したなあ~と気づいたなら、さっさと彼を森の奥深くに捨てて、違う街へ繰り出しましょう! それではまた!

 

Written by 株式会社たかだまなみ