初動が肝心! 浮気がばれた瞬間に彼氏を更生させるたった1つのルール(トイアンナ)

こんにちは、トイアンナです。これまで600件の人生相談を承りましたが「彼が浮気してました、助けてください!」と青ざめていらっしゃる女性のうち、実に7割は半年以内に「また浮気してました」とやってきます。

それくらい浮気性は治らないものですから別れなよ、とアドバイスすることが多くなります。その一方で「2度と浮気しない」と人生を改める方もいます。

背景には彼・彼女自身のマジメさもあります。しかしそれ以上に浮気がばれた瞬間、相手がどう対応したかがターニングポイントとなっていました。

そこで今回は浮気心を更生させたパートナーに学ぶ、2度と浮気されないルールをお伝えします。

浮気がばれた相手の言葉は信用するな

「浮気がばれた」その瞬間に相手はありとあらゆる方法であなたを繋ぎとめようとします。

たとえば、
・土下座や泣き落とし 「ごめんなざぁいいい~!!」
・これまでの不満をぶちまける 「だって寂しかったんだ」
・本命はお前だけアピール 「浮気相手は単なる遊びのつもりで」
・相手に振られたと釈明 「優しくしてくれたのはお前だけ」
・これっきりだからと言い訳 「もう2度としないから」

……とかね。これ全部、浮気を繰り返した私の元カレ発言集です。ところが浮気を2度としない男性も同じことを言います。

大切なのは、浮気がばれた瞬間に恋人が口走るどんな言葉も信用しないことです。相手もパニックのなかで話しています。

「口約束なら何でも言ったるわ、だって別れたくないもん!」くらいのノリですから、真に受けるとこっちが損です。

愛は行動をもって示してもらおう

もし自分も別れたくなくて、2度と浮気させたくないなら「行動」で対価を払わせましょう。といっても高いプレゼントは機能しません。

金目のもので解決させると「バレても物を当てがっときゃいいや」と舐められるのがオチです。

それよりも「どうしたら私あなたをもう1度信頼できると思うか、自分で考えて行動してほしい」と面倒な問いを投げるのです。

ここで失敗したら振られると分かっているのに「そんなの分からない」と怒ったり「もう〇〇は僕のこと好きじゃないの」などと言い出したりしたら、あなたはすでに「面倒じゃないから付き合っている女」に過ぎません。

長期の関係を築く上で大切なのはお互いに話し合えること。ただ一方的にこちらの要求を聞かせても服従関係になるだけです。

「あなたはどうすれば最善だと思う?」とこれからの行動指針を相手に作らせ、実行してもらう。これが再構築に成功した方に共通するたった1つのルールでした。

 

Written by トイアンナ