気ままに接するのが1番!? 猫系男子をうまく懐かせるコツとは?

世の中の男性は、大まかにふたつのタイプに分けられます。ひとつは犬型、もうひとつは猫型です。犬も猫もペットとして身近な存在ですが、そのタイプは真っ向から違うポイントが幾多見られるもの。

しつけ次第では飼い主に従順な犬と、気まぐれだけど甘えるとカワイイ猫――。犬系男子なら言動が読み取りやすいですが、猫系男子はどう距離を図ったらいいのか、悩んでしまう女性も多いのでは。

今回は猫系男子の特徴から、上手に懐かせる(=興味を惹かせる)方法を探ってみましたので、ご紹介します。

自分の弱みを見せて、保護本能を刺激させる

「次の週末、どこに行く?」と恋人を引っ張り、「◯◯、すごい面白かったよな!」と、感情をどんどんと露わにする犬系男子。それに比べて猫系男子はどこか冷たく、何を考えているのか感情が見えづらいです。

一見取っつきにくい彼らですが、猫が洞察力に優れているように、気配りの仕方がとても上手です。あなたが仕事やプライベートに悩んでいるとき、その様子をすぐに察知し、さり気なくあなたの気持ちを汲んだり、様子を温かく見守ってくれるのは、猫系男子ならではの気遣いと言えるでしょう。

一層のこと、自分の弱さを素直にさらけ出して、思い切って甘えてしまったほうが、彼ら(=男性)の保護本能を刺激しやすいかもしれません。「なんとかしてあげたい気持ち」が沸き上がり、知らず知らずのうちにあなたのことが気になり始めると思います。

生活を充実させ、彼の気になるレベルを高める

猫系男子は犬系男子に比べて、素っ気なく感じられてしまい、女性としては「本当に愛されているのかな?」と、不安になってしまうことも多いでしょう。

でも、これが猫系男子の恋愛傾向なのです。べたべたするような付き合いは好まず、自分のやりたいことがあれば、そちらを優先し、恋人ですら放っておくこともしばしばです。

こうした猫系男子を振り向かせるには、グイグイと自分をアピールするよりも、彼と同じ趣味を共有したり。仕事やプライベートの充実している姿を見せたほうが、彼らはあなたに興味を持ちやすいと思います。

ヘタに女の自分を見せたところで、彼らにはそっぽを向かれるだけ。普段の言動から興味を持ってもらえるよう、彼から歩み寄ってもらうことを意識しましょう。「面白そうな人だな」「なんだか気になるな」と、思わせられればしめたものです。

ツンツンしていても、変わらず可愛がってあげる

猫系男子は、ツンデレ気質が多分にして見られます。彼らの心を解きほぐすには、ツンケンモードでも可愛がってあげることです。猫も日頃誰が自分を可愛がってくれているのか、分かって甘えてきます。

普段はツンケンモードが多い彼らですが、たまにデレてくる様子はとてもかわいく、母性本能をくすぐられる女性も多いのではないでしょうか。

猫系男子がデレるのは、自分がリラックスできるときです。大人数でいるときよりも、少人数で自分の意見を出せるときのほうが、デレやすいかもしれません。

できるだけ自分の本音を積極的に彼らに打ち明け、かわいい後輩、同僚として接してあげましょう。すると、彼らはまぶしい笑顔を見せてくれたり、あなたに心を許してくれる瞬間が必ず出てくると思います。

おわりに

気になった彼が猫系タイプなら、こちらもちょっと肩の力を抜いて、気ままな態度で臨んでみて。あなたの力まない様子に彼らも気になり出し、少しずつ興味を寄せるはずです。

 

Written by 柚木深つばさ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…