オタク男子と付き合うための「お作法」

アニメやゲーム、アイドルを愛するオタク男子は、女性からすればあまり人気があるとはいえません。偏ったこだわりを持っていて、とっつきにくいイメージがあるでしょう。偏見かもしれませんが、外見や話し方などが王道のモテとは離れている男性が多いといえます。

けれど最近は、いわゆるオタク文化が市民権を得ていて、イケメンのオタク男子も多いようです。知らずに好きになって、後からオタクだと知るケースも少なくないでしょう。

彼の嗜好を受け入れる

何が面白いのか、さっぱりわからなくても、好きな人の嗜好は受け入れてあげましょう。理解できなくて構いません。むしろ、にわか知識で理解したつもりになるのは、オタク男子からすれば腹立たしい限りなので、やめたほうが安全。「アナタはそれが好きなのね」と否定しないで認める、これだけで良いでしょう。

好きなものに熱中することを邪魔しない

コミケやオフ会、夜中のオンラインゲームなどに彼が参加することを邪魔してはいけません。「私とアニメ、どっちが大事なの?」といった質問も、オタク男子にとっては愚問。妻の座を獲得していたら話は別ですが、付き合う前や交際中は、とても危険な質問だといえます。

彼が好きなものに熱中していたら、自分も趣味を楽しむ。そんな風に考えると良いでしょう。オタク男子が好きなキャラや作品にのめり込むとき、彼女は必要とされていません。二次元キャラに対する愛情とリアル彼女に対する愛情は、基本的に別物なのです。

嫉妬するだけ損をしますし、そもそも嫉妬する対象ではないと思ったほうが良いかもしれません。

「気持ち悪い」は地雷ワード!

オタク男子は、見た目がどれだけイケメンでも、周囲から扱いづらいタイプと思われやすく、女性から「気持ち悪い」「キモい」という心ない言葉を投げかけられていることが多いといえます。思春期には、それでひどく傷ついた経験をした男性もいるでしょうし、自分を敬遠する人には、決して近づかなかったり、反抗心を抱いたりするはず。

彼本人に対してだけでなく、彼が好きなものや彼の友人に対しても、「気持ち悪い」は言ってはいけません。

知り合ったばかりや、付き合い始めのうちは、少し過敏なくらいがちょうど良いでしょう。彼から、「自分を攻撃しない人。安心して一緒にいられる人」と、信頼されることが大事です。

理解できなくても構わない

筆者の過去の上司は、生粋のオタクでしたが、奥さまはアニメやゲームに無関心で知ろうともしませんでした。それでも二人は、周りからオシドリ夫婦と言われるほど仲が良く、嗜好の違いはまったく問題になっていません。

好きな人の好きなものが理解できないと苦しくなる女性もいるかもしれませんが、無理して理解する必要はないでしょう。女性がバッグをたくさん欲しがったり、きれいなアクセサリーをいいなと思ったりするのを、男性がなかなか理解できないのと一緒です。

共通項がなくても、お互いを思いやれたら、恋人として仲良くお付き合いできるに違いありません。

 

Written by 沙木貴咲