「あんな男やめなよ」と反対する女友達に裏本音があるパターン3つ

女性同士の友情は、男性に比べると薄いかもしれません。特に、恋愛が絡むと女の友情は壊れやすく、関係が歪んでしまいがち。

本当に、自分のことを思って友達がアドバイスをくれることも多々あるでしょうが、裏で予想もしない本音を隠している場合もあります。

「あんな男やめなよ」と反対してくるとき、女友達はぶっちゃけ何を考えているんでしょうか?

1.別れてしまえばいい

女友達が彼氏とうまくいっていなかったり、しばらくフリーの状態が続いていたりすると、「あなたも不幸になればいい」と、自分と同じ状況に引きずり落とそうとしているのかもしれません。

仲良くする友人だけに恋人がいて、うまくいっているのを目の当たりにすると、やっぱり嫉妬しますし、悔しくもなるのでしょう。

その場合、恋が順調に進んでいるのに、彼氏の悪口や噂を言うとか、ちょっとした気持ちのすれ違いを耳にしただけでも「もうやめたほうがいいんじゃない?」などと、別れを進めてくるはず。

“○○の彼氏って、前に△△なコと付き合ってたんだって”

“こないだ、○○の彼氏見たよ”

など、何気ない言い方で、気になる内容を言ってくるでしょう。友達という関係上、何の根拠もなく批判するわけにもいかないので、遠回しに彼氏を疑うような、絶妙なキーワードを投げかけてくるのです。

2.略奪したい

友達の彼氏を好きになること自体、かなりヤバいのですが……そんな状態となって友情より愛情を取る女性も結構います。特に、知り合ってそれほど経たないような間柄なら、遠慮なく奪おうと考える人が多いかもしれません。

その場合、自分の恋を成就させるために、「あんな男やめなよ」と反対して別れを進めてきます。ちょっとしたケンカを世間話程度に話しただけなのに、いかにも親身に相談に乗りますよ! というスタンスであれこれアドバイスしてきたり、別れるなんて一言もいってないのに「もう別れるしかないんじゃない?」と勧めてきたりするなら、略奪を考えているのかも。

特に、女友達が彼氏と仲が良い、自分よりも付き合いが長い、女友達と彼氏が共通の趣味、仕事を持っているという状況では、危険度が高くなるでしょう。

3.めんどくさい

彼氏のLINEが遅いとか、アタシのことわかってくれないとか、どうでもいい。アナタの恋バナを聞くのが、とにかくめんどくさい! こんな風に思っているとき、「じゃあ、そんな男やめたら?」と投げやりな返事をする女友達もいるでしょう。

そもそも恋愛にそれほど興味がないとか、時期的に恋より仕事のほうが大事というタイプは、他人の恋バナほど退屈なものはありません。

また、ノロケのつもりか、本気の相談なのかわかりかねる時も、「ハイハイ。じゃあもうやめたら?」と話をサッサと切り上げるべく、ぞんざいな言葉を言うはず。ちょっとしたことでも女友達に報告するタイプの女性は、周りから面倒くさいと思われている可能性があります。

真剣に思いやってくれる友達もいる

怖い女性の裏本音ばかりご紹介しましたが、みんながみんな、ヨコシマなことを考えて恋に反対するわけではありません。自分のことを真剣に思いやり、親身になって厳しいアドバイスを言ってくれる友達も、もちろんいます。

普段の周囲との付き合い方から、誰が自分のことを本当に思ってくれるのか、誰が裏切りそうなのかを判断するのが大切です。また、裏本音を持っていそうな女友達からは、何を言われても本気にしないことも重要でしょう。

 

Written by 沙木貴咲