うんざりされちゃう! 男性が嫌がる「終わらないLINE」

好きな人とは、ずっと繋がっていたいし、くだらない会話でも楽しく感じますよね。仲良くなりかけている時や、付き合い始めの頃は、時間を問わずLINEしたいと考えるはず。

でも、男性は、必ずしも女性と同じ気持ちとは限りません。良い感じだったのに、LINEの仕方ひとつで心が離れてしまうのです。

他愛ないやり取りは短く済ませたい

必然の用事ではない内容すべてを、男性はわずらわしく思うわけではありません。ちょっとでも好感を抱く女性であれば、「何してるの?」「今、お茶してる(スタバでの自撮り写真)」「今日は晴れてるねー!(笑顔のスタンプ)」など、内容のないメッセージに対しても何かしらのリアクションを示そうとするでしょう。

けれど、他愛ないやり取りを延々と続けるのは、さすがに疲れてしまいますし、お昼ご飯時でも仕事をしている昼間は避けてほしいと考えます。たとえ、自分からどうでもいいメッセージを送ったとしても、男性は2~3回のやり取りで終わらせたいのです。

いつまでも終わらないLINEに対しては、どうしても既読無視をしたり、未読のまま放置してしまったりするでしょう。

質問ばかりされると、困ってしまう

好きな人のことは何でも知っていたいものですが、だからといって、LINEで立て続けに質問を続ければ、男性も「ウザい……」と思ってしまいます。恋愛感情を抱いている相手であっても、ちょっと面倒くささを覚えるでしょうし、質問に返事をすることも途中でやめてしまうはず。

適当なスタンプを返すだけにしたり、未読のままメッセージが送られていることに気づいていないふりをしたりするかもしれません。男性にとって、女性から興味を持たれるのはうれしいことに違いないとしても、その度合いは適度であるべきでしょう。

「いいな」と好感を抱いていた相手であれ、質問攻めにされることで敬遠したい存在になる可能性だってあるのです。

終わらないLINEを終わらせる

男性が、LINEを2、3回やり取りした後で、未読のままメッセージを読んでくれなくなったり、何を言ってもスタンプしか返ってこなくなったり、「眠い」「おやすみ」「そろそろ寝ます」という言葉を返してきたりする場合、ウンザリしている証拠です。

男性としては、終わらないLINEを終わらせたいと思っていますので、その気持ちに早く気づいて沈黙するのが賢明。いい感じの男性ほど、LINEはサクサク終わらせて、ダラダラ長引かせないようにしましょう。

そうすればスムーズに仲良くなっていけますし、「めんどくさい女性」と思われることもありません。LINEは恋を進展させる効果的なアイテムにはなっても、成就を妨げるものにはならないはずです。

 

Written by 沙木貴咲