男性がイラっとしてしまうLINEの内容

普段、LINEはどのくらいやりますか? どんどん交換する相手が増えて、誰だか分からない人もいる前田です。LINEは相手によって文体も頻度も変わります。気軽に使えるからこそ、内容には気をつけたいものです。

特に、これから関係を深めたい男性へ送るLINEは気をつけましょう。今回は「男性がイラっとしてしまうLINEの内容」について、まとめました。

返事をせかす

既読がつくのはLINEの特徴の1つです。良い面もあれば悪い面もあり、既読がつかないことを気にする人もいます。

特に気になる相手にLINEして、既読がつかないと気になって仕方ありません。逆に既読がついて返事がないのは、もっと気になります。ここでやってはいけないのは、「返事を急かす」ことです。

相手には相手の事情があります。返事がないならないで受け入れるべきだと思います。それでもまだ気になるなら、日を改めて別のメッセージを送った方がいいと思います。

スタンプばかり

相手のことを知りたいのに、スタンプばかりで返事をされるとイラっとします。確かにスタンプで、イエス、ノー、保留ぐらいの返事はできます。

それは既読スルーよりはマシかもしれませんが、相手からすると会話する気なしかと思ってしまいます。逆にいえば、あまり会話したくない相手にはスタンプだけでいいかもしれませんね。

愚痴が多い、一方的な内容

LINEを交換したばかりの頃は、何を話していいか分かりません。一生懸命、話題を探してメッセージを送り、男性にも好意があれば返事をしてくれる。そうやって会話がだんだん軌道に乗って、盛り上がると思います。でも、一方的に自分の事を話したり、質問ばかりになると、男性はしんどいです。

あと愚痴もいけません。愚痴は誰かに聞いてもらうことでスッキリしますが、気心のしれない男性に送るのはNGです。急に愚痴られても、男性はどうしていいか分かりません。

最悪の場合、「知り合ったばかりの女性から愚痴ばかりくる」と別の人に愚痴ってるかもしれません。でも話題探しは難しいですよね。だからこそ、男性のことを考えた話題をふることで、距離も詰めやすくなるのだと思います。

長文すぎる

ビジネスでLINEを使う人もいます。その場合はLINEも長くなります。でも一般的には短いメッセージに留めたほうがいいでしょう。

気心しれた人なら長文でもよいかもしれませんが、これから関係を深めたい人に送るのはNGです。自分のことを知ってほしいからといって、長文を送っても男性は疲れるだけです。

タイミングが悪い

LINEは本人が気づいたタイミングでチェックすればいいと思います。電話ではないので、基本的には何時にLINEをしてもいいはずです。でも、変な時間にLINEするのはやめましょう。

一人一人、LINEやスマホの設定は違います。夜中にスマホの電源を切る人ならいいかもしれませんが、夜中でも着信音がなる設定の人もいます。

大事なメッセージかもしれないと、わざわざ起きてみる人もいるかもしれません。チェックはいつでもいいと考えても、相手のことを考えた時間に送りましょう。

もし会社勤めをしている人なら、通勤中の時間に送ってあげると、返信もしやすいと思います。あと勤務中に頻繁にLINEをやると、暇人か不真面目に思われてしまいます。

まとめ

最初は私も、LINEは自分のタイミングで送ればいいと思っていました。チェックする時間は受け手の自由という考えです。

でも、それを一体誰が知っているのでしょうか。浅い関係の相手への接し方としては、失礼だと思います。

スタンプばかりの返事も、長文も、送るタイミングもすべて、気心しれた友達にのみ許させることです。これから関係を深めたい相手だからこそ、気をつかったメッセージを送りましょう。

 

Written by 前田ヒロキ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…