自分らしさとは? 満たされる恋愛を取り戻そう!

満たされる恋愛とは、自分自身が心の底から満たされ、幸せを感じる恋愛ということだと思っています。

また、満たされる恋愛は結婚にも結びつきます。「今まで味わえなかった幸福感を得られる相手」であれば、「この人と一生一緒にいたいな」と思うものですから。

さぁ皆様、満たされる恋愛を手に入れましょう! その手段として、まずは自分らしさを取り戻すのが大事です! ということで、今回は自分らしさを取り戻す方法をいくつかご紹介いたします。

過去の恋愛から学ぶ

まず、思い出してみてください。みなさんの経験上、満たされる様な恋愛はありましたか? 満たされる恋愛と言っても、自分の価値観で考えてOKです。人がどう思おうと自分がそうだと思うならばそれは満たされる恋愛になります。

さて、YESと答えた方達は思い出してみましょう。その時のあなたは好きな人に対してどんな風でしたか? 自分の言いたいことをちゃんと言えていましたか?あるいは、相手の言いたいことをちゃんと理解してあげていましたか? そして、自分の価値基準で物事を判断していましたか?

過去の恋愛にはたくさんの学びがあります。30点の自分もいれば、80点の自分もいるはず。自分らしさを取り戻すには、なるべく高得点に近い自分の例を思い出してみましょう。ヒントがあるはず。

自分らしさが分らなくなった人達の傾向

好きだから、嫌われたくないからと、人の顔色をうかがっては「自分らしさ」とはどんどん離れて行きます。実際、なんでもかんでも肯定しすぎて自分らしさが分らなくなった人達がたくさん。

あとは、自分の意見を主張出来なくなってしまった人達。これは、周囲の反応を意識しすぎた結果だと思います。

どちらも、嫌われたくない、変な風な印象をもたれたくない、目立ちたくない、波風を立たせたくない、または物事に対しての、「こういう時にはこうすべきだ、こうあるべきだ」という強い思い込み、と言った様な、自己主張に対してのネガティブな想いの現れからくるのかと思います。

こういう感情がある人は、実際、「好きにして良いよ」「この空間をなんでも君の自由に」と言われるとどうしたら良いか分らなくなります。自分の価値基準が見えづらくなっているからでしょう。

自分らしさとは?

「自分らしい自分でいること」に対して神経質になりすぎると、それもまた思い込みの「これが自分、であるべき」という固執した考えにとらわれてしまいますので、自分らしさというのはあくまで柔軟的な考えで良いのかと思います。

また、人は多面体であるわけなので、なにも「自分らしさ」とは1つのパターンだけではないと考えてみてください。

ですからつまり、「Aさんの前ではこういう自分でいる。それが自分らしい自分」だから、Bさんの前でもその自分でいなければいけない、というわけではないということです。

Aさんの前で見せる自分も、Bさんの前で見せる自分も、色んな種類の自分で良いと思うわけです。

では、自分らしさとはなにか? それはその時に「自分が自分に嘘をついていないか?」「損得勘定抜きに、打算抜きにリラックス出来ているか」ということにあると思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか? 「損得勘定抜きに、打算抜きに、その時自分が自分に嘘をつかないこと」それが筆者の考える、自分らしさの定義です。

また、人は多面体であり、繊細な自分も、ある意味では大雑把な自分も、口の堅い自分も、ある意味では口の軽い自分も、まじめな話が好きな自分も、ふざけた話が好きな自分も、その時自分が自分に嘘をついていなければ、どれも自分らしいということなのかなと、そう思います。

 

Written by ヒナタ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…