「距離を置きたい」は喜んでイイ!? 男性が本命彼女にしか言わない“意外すぎるセリフ”4つ

「これまで本命彼女だと思っていたのに、彼からいきなりショックな一言を言われた」なんて経験がある女性は、少なくないでしょう。

実は、その一言の裏に、男性なりの“あなたへの気遣いや本心”が隠されているんです。

わかりにくすぎる男心が見え隠れする“彼が本命彼女にしか言わないセリフ”をご紹介していきますので、男性から来たLINEなどと見比べながら読んでみてくださいね。

■1.「ちょっと放置しておいて」

「距離を置こう」だったり、「ごめん、今日会うの延期しよう」だったり、あなたと会うことや連絡を控えたいという趣旨の連絡だと考えてください。受けた側としては、「私のこと、どう思ってるの……」とマイナスな方向へ考えがちではないでしょうか。

ですが、これは彼があなたを本命彼女だと思うからこそ出てきた、気遣いのセリフだと考えてください。

男性って、自分の苦しい姿はできるだけ見せたくないし、自身から発する負のオーラに巻き込みたくないんですよね。

また、男性脳は1つずつ物事をこなしていくシステムになっています。そのため、仕事で気になることがあったりすると、まずはそれを解消したがるので、あなたとのことは後回しになってしまうんです。

そういう時に会うと、喧嘩になる可能性も……! 大切にしたい相手だからこそ、「ちょっと放置しておいて」と連絡してくると考えていいでしょう。

どうでもいい相手だったら、そのまま放置。連絡もしません。そっちの方が楽ですから。わざわざ連絡をくれただけでも、大切にされていると思ってくださいね。

■2.「もう帰る?」

「楽しくなかったのか!?」と疑いたくなってしまうセリフですが、本命彼女だからこそ、常に選択肢を与えようとしてくれていると考えてください(わかりにくいですけどね)。

男らしくリードしたいという気持ちはありつつも、無理強いはしたくないと女性の立場も考えてくれているんです。

セカンドやセフレは、自分の目的を果たすための手段なので、こんなこと聞きません。相手の意志や気持ちには、ほとんど興味がありません。

自分の思い通りに進ませたいですから、こういうセリフは口にしない確率が高いです。

■3.「頑張らなくていいよ」

女性としては、仕事だけでなくプライベートでも「こんなことしたよ」と報告をしたら、褒めてほしいですよね? 彼にキレイと思ってほしくて、ダイエットやケアを頑張ることも多いですから、ちょっと彼からの言葉を期待している時はあると思います。

ですが、男性側はこういうことを言ってきますよね。実は、興味がないって意味ではないんです。「今のままで十分OK」という意味で、このセリフを使っています。

内心では、頑張ってキレイになりすぎても「他の男から言い寄られたりしないだろうか」という焦りの感情や、頑張りすぎて精神的だったり身体的だったりに負担がかかるのも嫌だという心配の感情が渦巻いているんです。

……わかりにくいですよね。

もし、このセリフを言われたら「ふーん、そんなに私のこと好きなんやな」と、影で存分に思い上がってください。

■4.「そんな頻繁に会わなくてもよくない?」

女性は、好きなものをできるだけ肌身離さず持っていたいもの。ですが、男性は好きなものを出来るだけ長く使いたいと考えています。これを恋愛にも応用しているんです。

本命彼女だからこそ、末永く大切にしたい。だからこそ、「いつでも会えるんだから、焦らなくていいよ」という意味で口にしてくるんですね。

もし彼が旅行の計画に積極的でなかったり、先々の予定を埋めたがらなかったりしたとしても、怒らないであげてください。あなたのことを考えていないわけではないんです。

ゆっくり、タイミングのいい時に、濃厚な時間を過ごしたい。そして、関係性をしっかりと築いていきたいという表れだと捉えるようにしましょう。

男性と女性では、大切にしたいと考えた時に色々と違いが出てきます。

ですから、彼から言われたことをそのまま鵜呑みにするのではなくて、男性側の立場に立って一度考える癖をつけるのがオススメ。

ちょっとした言葉の残り香から、本命彼女である自信を積み上げていってください。