駆け引きは不要!大人女性が「男心をわしづかみ」にする魔法ワード

年齢を重ね、自立した女性へと近づくにつれ、恥じらいやプライドから素直になれない女性もいます。きっと、気になる男性の前でも、強がりから本心とは裏腹なことを言ってしまうときだって、あるのでは?でも実は、そんな大人女性だからこそ使えるアプローチ方法もあるのです。そこで、気になる彼を振り向かせるためにも、大人女性が男心をわしづかみにするためのワードを覚えておきましょう。
仕事をする男女のイメージ

「一緒だと頑張れる気がする」

多くの男性が年下女子に求めるものと言えば、つい守ってあげたくなるか弱さや、思わずときめくかわいらしさではないでしょうか。

しかし、相手が大人の女性となると、男性の求めるものも変わってきます。彼らは大人女性に対し、お互いが良い刺激となり、共に成長していける関係を求めるのです。

もし、気になる男性と同じ作業をするなどの機会があれば、事前に「○○君が一緒だと頑張れる気がする」と声をかけてみましょう。

「一緒だと頑張れる」という一言には相手を信頼している気持ちと、相手の存在が自分を成長させてくれるという前向きな思考が隠されています。この一言を口にすることにより、彼があなたのことを良い刺激をくれるパートナーとして意識するきっかけが生まれるのです。
特別な関係のイメージ

「○○君といるときが一番素の自分に近いかも」

ビジネスやプライベートの場では、多少なり自分を偽ってしまうこともあります。人間関係を円滑に進めるため、つい我慢をしてしまう人だっているのではないでしょうか。

そんな気遣い疲れしやすい人にとって、心を許せる相手とはかけがえのない大切な存在。なにより、心を許し何でも打ち明けられるという関係が、お互いの距離を縮めることにもつながるのです。

気になる彼の前ではできる限り自然体の振る舞いを見せましょう。そして同時に「○○君といるときが一番素の自分に近いかも」と思いきって告げてみるのです。

相手の女性が自分を信頼し、自然体で接してくれているという事実は男性にとっても喜ばしいこと。そんな素の一面を見せるあなたに対し、徐々に彼も特別な感情を抱き始めるはず。
落ち込むイメージ

「今日だけ弱音を吐いてもいい?」

大人になると、簡単に愚痴や弱音を吐くことができず、ひとり悩みを抱えてしまう女性もいます。ましてや、気になる男性の前だと、何事もなかったかのようについ平静を装ってしまう人もいるはず。

でも、我慢してため込んでばかりいては、男性からも「ひとりでも大丈夫な女性」だと勘違いされてしまいます。頻繁に愚痴や弱音をこぼすことは避けるべきですが、たまには素直な気持ちを口に出してはどうでしょうか。

落ち込んだときに気になる彼の前で「今日だけ弱音を吐いてもいい?」とお願いすれば、彼も嫌がらずにあなたの話を聞いてくれます。それどころか、普段泣き言を言わない女性が落ち込む様子に、思わず男性の保護本能がくすぐられるのです。

年下女子と違い、大人女性はここぞと言うときに甘えを使うようにしましょう。普段との大きなギャップを目にすることにより、彼も思わず心をわしづかみにされてしまうはず。

大人女性としてのアプローチを心がけて

年下女子と大人女性では、恋愛における効果的なテクも大きく変わってきます。気になる彼を振り向かせたいのであれば、ただ甘えて頼るという幼い振る舞いはせず、大人としてのアプローチを仕掛けていきましょう。

何気ない一言で彼の気持ちをくすぐることができれば、その男心だってわしづかみにできるはず。大人女性としての魅力も存分に彼に伝わることでしょう。
Photo by fotolia