デートでは必ず○○を守る!彼の独占欲を刺激して“本命彼女”になるコツ

「彼女を自分だけのものにしたい」「好きな女性を他の男にとられたくない」という独占欲は、多くの男性が持つ本能的な感情。その独占欲をうまく刺激し、彼にとって特別な存在となることが、長く愛され続ける秘訣にもなるのです。そこで今回は、気になる彼の独占欲を刺激して本命彼女になるためのコツについてご紹介いたします。

デートは必ず終電で帰る

手に入りそうで入らないという状況は、人の独占欲を大きく刺激します。「あともう少しで手に入りそう」というもどかしさが「どうしても手に入れたい」という独占欲を抱かせるきっかけを生むのです。

そこで、気になる彼の独占欲を刺激するためにも、しばらくは付き合えそうで付き合えない微妙な関係を維持しましょう。

たとえば、彼とのデートでは思いきり楽しむ様子を見せつつ、必ず終電で帰る。すると、「今夜こそ口説ける」と確信を抱いていた彼は予想外の展開に落ち込みます。同時に「次こそは振り向かせる」という闘争心と、「絶対に手に入れたい」という独占欲が生まれるのです。

とはいえ、この微妙な関係を長期間にわたって続けてしまうと、徐々に男性も追う気を失ってしまうので注意しましょう。

「○○君だけ」で特別感を抱かせる

自分が相手にとって特別な存在であるという事実も、男性の独占欲を刺激するきっかけをつくります。特に男性は女性から特別な存在として見てもらうと、「この特別な立場を他の男性にとられたくない」と相手に対し強い独占欲を抱くのです。

そんな特別感を抱かせるためにも、気になる彼との会話では「○○君だけ」の一言をうまく活用しましょう。

「○○君だけに言うけどね」「こんな話ができるのは○○君だけだよ」など、あなたにとって彼がいかに特別な存在であるかを伝えることができると、彼からも他の女性とは違う存在として見てもらえるはず。

他に代わりのいない特別な存在という立場は、男性に優越感を抱かせ、独占欲を刺激することにもつながるのです。

口説き文句はさらりとかわす

男性は簡単に口説け、誰にでも愛想を振る女性を必死で振り向かせようとはしません。それどころか、自分の思い通りに扱うことができるので、都合の良い遊び相手として見てしまいがち。そこから本命の女性になることは難しいでしょう。

万が一、気になる男性から口説き文句をかけられたら、すぐには間に受けず、さらりとかわす余裕の態度を見せましょう。
どれだけ必死に口説いても落ちない女性というのは、男性を惹きつける存在です。きっと、男性も簡単に口説き落とせない状況から、「他の男に先を越されたくない」という焦りを感じるはず。

本来なら嬉しさしかない気になる彼からの口説き文句。でも、そこではあえて余裕のある素振りを見せ、彼に独占欲を抱かせるようにしましょう。

彼から追われる“愛され女子”を目指そう

手に入りそうで入らないものほど、欲しくなるのが人間の性。そして、それは恋愛においても言えること。簡単に振り向いてくれない女性ほど、男性の独占欲を刺激し、狩猟本能を掻き立てる存在となるのです。

気になる彼を振り向かせ、愛され続ける存在になるには、まず男性の独占欲をうまく刺激できる女性を目指しましょう。それが彼から追われる“愛され女子”になるための近道でもあるのです。
Photo by fotolia

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…