「女としての魅力がない」と判別されてしまう女性の特徴

女の魅力ってどうやって作られるのか、考えたことはありますか? 

分かりやすいのは見た目のキレイ度ですよね。でも、「見た目がキレイだから」と通用するのは、20代前半までなんて言われるもの。

アラサーになると、大人としての意識がふつふつと芽生えてきますよね。人によっては年齢層の自分を意識して、少しでも魅力ある女性になりたいと思うのでは?

女の魅力を高めるうえで、何が障害となり、何がポイントとなるのか。今回は、男性が無意識のうちに「女として魅力がない」と判断するポイントを考えてみました。

自分勝手でわがままである

彼氏ができたり恋をしたりすると、「相手に甘えたい」という気持ちが出てくる女性は多いのでは。
やっぱり男性にはリードされたいし、守ってもらいたい……。そんな、女性としてのワガママが過ぎてしまうと、当然ながら男性は「面倒くさい」と思ってしまうわけです。

その点、モテる女性は、気遣いの仕方が上手です。
たとえば、あなたの考えていることを察して、「◯◯も食べてみる?」「◯◯、ああいうの好きでしょ?」と、相手が喜ぶことを進んで行動に移せるのです。

大人になってくるほど、自分の行動よりも、相手のことを考えた行動を取ろうと思うもの。女の魅力もそれと同じではないでしょうか。
始めのうちは行動よりも意識レベルで終わってしまうかもしれません。

でも、「この人はいま何を気にしていて、自分にできることは何だろう?」そんな風に意識できるのも、大人としての第一歩です。普段構ってちゃんが過ぎる女性は、ぜひ生活の中から少しずつ気にかけてみてください。

周りのやることに無関心である

若いころは、自分の興味のあるものしか目が行かず、興味のないものには無関心であることが多いです。
でも、大人になるといろいろな人と関わり、相手と仲良くなるために進んで接点を持ったり、好きな人のために尽くしたいと思いますよね。

すべての恋が、自分のことを好きになってくれる男性との恋とは限りません。相手の興味を惹かせるため、デートを楽しくするため、相手の気持ちに寄り添うために。

相手の話や趣味、気持ちに向き合うことは、様々なシチュエーションで役立ってきます。
無関心で無表情でいるだけでは、男性はいくらキレイな女性でも、魅力は感じづらいでしょう。

身の回りの出来事や人に興味を持って、自分の見識、価値観を広げましょう。
そうこうしているうちに、少しずつ自分のコミュ力も磨かれていきます。焦らなくていいので、自分のペースで自分磨きをしてみてください。

笑顔が少ない

笑顔が素敵な女性に、男性は惹かれやすいといいます。笑顔がなぜ、異性の魅力につながるかというと、相手の素顔が見られる瞬間だからです。

実際、気を許せない人と一緒にいても、相手に笑顔が見られる回数は少ないはずです。また笑顔には、幸せを感じさせる効果があります。
ニコニコとした笑顔を向けられると、どこか心が落ち着くのは、笑顔に人を安心させる力があるからです。

それが分かっている人は、相手をリラックスさせるために、相手との雰囲気を和やかにするために、進んで笑顔を向けるはずです。

おわりに

女の魅力は、何も見た目のキレイさ、可愛さだけに留まりません。大人の女性として、何が人を魅力的にさせるのか。それを考え、気づけたときに、あなたのことが気になる男性は増えるかもしれません。

 

Written by 柚木深つばさ