連絡がマメじゃない女はフラれやすい!? 正しい連絡の頻度とは

彼に連絡をしすぎる女はフラれてしまうとか、連絡がマメじゃない女はフラれてしまうとか、さまざまな都市伝説(?)があります。いったい彼への連絡頻度は、どれくらいが正しいのでしょうか。

男子のホンネ

たとえば「LINEの既読無視問題」が、ネット上で盛んに言われてます。既読になっているのに、なんら返信が来ない、これってもしかしてわたしが彼に好かれていないってこと? という問題。

これは主に女子が気にしています。男子で既読無視を問題視するのは、「俺が片思いしている人に対して」のみです。付き合っている彼女が既読無視をしても、「まあ、彼女も忙しいのだろう、そのうち返信が来るから待っていればといいや、返信がなければ、また俺からLINEすればいいや」としか思っていなかったりします。

男子の基本は、

・好きな相手からの返信はすぐにほしい(恋の駆け引き的に返信を遅らせてほしくない)

・用があれば俺からLINEする

・用がなければべつに無理にLINEしてこなくてよい

です。

ではどういう頻度が正解なのか?

男子の基本は先にご紹介したとおりです。では、彼にどういう頻度でLINEをするのがベターなのか?

それは、あなたたちカップルが、ふたりで試行錯誤しつつ決めることです。仲のいいカップルは、たとえば彼女が彼に「おはようメール」をすることが日課になっています。毎朝の「おはようメール」は、彼にウザがられる、という都市伝説(?)もありますが、ふたりでそう決めているのです。

その過程にはきっと、いろんなことがあったはずです。たとえば毎朝メールをしたい彼女に対して、「毎朝のメールって、必要?」と、疑問を投げかける彼。

それでも彼女が、「好きな人におはようくらい言いたい」と言い張って、彼がこの主張を受け入れたら、毎朝のおはようメールは「正解」です。そうですよね?

手間をかけないと!

ふたりにとってちょいどいい連絡頻度は、ふたりで話し合って決めるものです。そういう手間をかけるから、愛は長持ちします。あるいは、「彼に連絡頻度のことを聞くと、嫌われるかもしれない」と思っている人もいるでしょう。それは空気の読みすぎというものです。

「最近の人は空気を読むから、おとなしくて、異端児がいない」なんてことをオトナたちは言いますが、これはオトナたちがそういう社会にしているだけのことです。あなたの先を生きているオトナたちが「空気を読まないとのけものにされてしまう社会」をつくったのです。

だからあなたが、彼に対して空気を読んだ結果、連絡頻度のことを話せなくて当然といえば当然です。そういう社会をオトナがつくってしまっているのだから。

でもカップルって、かけがえのない最小単位の集団です。ふたりで、愛を育み、エロのなんたるかを知り、やがて人によっては新しい命を後世に残していく、かけがえのない集団です。

そういう集団で、「空気を読んで」「連絡のマメさ加減について」彼に聞けないようでは、これはもうカップルとして成立していない、と言われてもおかしくないでしょう。

連絡がマメであろうと、マメでなかろうと、ふたりで妙に空気を読むことなく、オープンにいろんな会話ができる関係、こういう関係を彼と築くところに、本当の愛があるのです。

 

Written by ひとみしょう

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…