年の差婚のメリットデメリット

お相手との年齢に差がある結婚、いわゆる「年の差婚」が普通になりつつあります。
どういうメリット、デメリットがあるのか今回は考えてみましょう。

男性が年上のメリット

男性が年上の場合、女性を守ってあげようとする気持ちが強くなるため、甘えられる可能性が高くなります。また、金銭的にも年下に比べると豊かである場合が多いので、お金の面での苦労も少なくなる可能性が高くなります。

さらに、いろいろな経験を経て最終的にあなたを選んでいるような玄人の場合、浮気や途中で別れるリスクも少ないというのも良い点ではないでしょうか。

いろいろなことを許容してくれる包容力、様々な経験からくる知性など年上だからこそある特徴を年の差婚のメリットとして抑えておきましょう。

男性が年上のデメリット

年上の男性の場合、自分が若いからこそ、なめられてしまうリスクはあります。
身体だけの関係になってしまったり、あなたを本当の恋愛相手として見ていないケースも考えられます。

また、育てる対象としてみてしまい、お説教が非常に多くなってしまうこともあるでしょう。

さらに、常に年上の男性が優位に立つような扱われ方に不満を覚える女性もいらっしゃるのではないかと思います。
また、当然老いるのも年上の方が早いですから、結婚という意味では介護など先の問題をちゃんと考えておく必要があります。

女性が年上のメリット

相手を子供のように可愛がることで、母性本能を満たすことができます。
また、あなたの方が経済的に豊かであれば、男性はあまり文句を言わなくなるかもしれません。

年上の魅力で、彼を魅了しておくことで、いらぬいざこざを避けることができます。

また、お互いに乗り越えなくてはいけない壁も年齢差により異なりますので、年上の女性は温かい目で男性側を見守ってあげることができ、そういう意味ではストレスも少なく済むのではないでしょうか。

女性が年上のデメリット

浮気のリスクがあります。若くて綺麗な女性にうつつを抜かさないようにしっかりとあなたの魅力を彼に伝え続けることが大切になります。

また、しっかり男性があなたが年老いたときもサポートしてくれる、そういう優しい男気があるのかは結婚前にしっかり見極めておきましょう。
年齢が高くなっていきなり別れられてしまうと女性側が非常に大変です。

さらに、子どもを作るかどうかについてもしっかりと人生設計を二人ですり合わせをしておきましょう。
養子など幅広い選択肢で男性としっかり話しをした上で年の差婚はするようにしましょう。

いかがでしたか?

年齢というのは戻すことはできません。つまり、しっかり現実を見た上で受け入れる必要があります。
メリット・デメリットを理解した上であれば、年齢の差からくる問題は克服できることでしょう。

いろいろなメリットもありますので、デメリットを理解した上で、同世代だけに限定せずにあなたの恋愛の幅を広げてみるのも良いと思います。

 

written by 神崎志乃

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…