マリッジブルーの原因と対策

いよいよ結婚が間近に迫ったときに起こるのがマリッジブルー。今回はその主要な原因と対策について考えてみましょう。

周りに押し切られていると感じていないか

あなた自身がしっかり考えて決めたことに対する不安が原因の1つです。周りに押し切られてしまった部分は無いのかを少し時間を取って考えてみましょう。

これまであなたが結婚を決断するまでに考えて決めてきたことを書き出してみると良いと思います。漠然とした不安のままだと不安はどんどん大きくなってしまいますので、不安になっている大きな要素を探す時間をしっかりと取るようにしていきましょう。

一人で悩んでいないか

結婚相手の彼に対しても臆することなく悩みがあれば伝えましょう。結婚というのはたくさんの人を巻き込みます。ですから、もし万が一やめるという決断をするのであれば早いにこしたことはありません。

一人で悩み続けてしまうと、ずっとその悩みを解決せずに結婚したことを後悔するようになってしまいますので、悩みが生じたら、臆することなく、それを周りに相談しましょう。

あなたの中で抱え込んでしまうことをできるだけ避けたほうが良いです。さらに、誰かに話しをしている内にあなたの心が整理されていくことも期待できます。

結婚後の生活がイメージできているか

結婚した後のことについてちゃんとイメージが沸いていないことも原因の1つです。彼との生活空間である新居での生活についてイメージが沸いていない部分があるのであれば、彼とそれを結婚までに話し合う時間を設けましょう。

結婚というのは、独身とは全く異なる人生を歩む扉を開けることです。ですから、誰しもが不安になる部分はあるでしょう。将来に対する不安は、将来を明確に少しでもしておくことで軽減することができます。

結婚すること自体への不安にマリッジブルーのときは気持ちが集中しがちですが、実は結婚した後のことへの不安が原因になっていることも多いのです。

期限を決めているか

結婚を決断し、結婚するために一体いつからいつまで考え、決断するのかを明確にしていないことも原因の1つです。

楽しい恋愛から婚約、そして結婚といった流れの中で決断をする場合であっても、しっかりとそれぞれの期限をあなた自身の中で決めておかないと、「今じゃなくても」といったようにずるずると先延ばしをしてしまうことになりかねません。

結婚は人生における重要な行事となりますので、しっかり納得できる時間をあなた自身がまず決めましょう。そして、お相手にもその時間が必要であれば、臆することなく早めに伝えましょう。あなたの中で非常に明確にしておけば、臆することなく伝えることが出来るようになります。

いかがでしたか?

マリッジブルー自体悪いことではなく、これからの人生に対して慎重になることの現れです。今回のヒントを参考にして、マリッジブルーかなと思ったとしても、見て見ぬふりをするのではなく、正面から向き合うようにしましょう。

 

written by 神崎志乃

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…