振られた相手を忘れたい時にするといい『恋のおまじない』

好きな人に告白したけれど、振られてしまった……。恋人から別れを告げられてしまった……。そんな時には、つらくてどうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。

今回は、振られた相手を忘れたい時に、ぜひやってみていただきたい“おまじない”をご紹介します。

どれも、ヨーロッパに伝わる伝統的なおまじないですが、やり方はとても簡単。信じて実行し、失恋の傷を癒してくださいね。

ブルーな気持ちを癒すおまじない

<用意するもの>
・白い紙
・はさみ
・白いキャンドル
・受け皿
・酢
・黒いペン

<やり方>
1.白い紙をはさみでハート型に切ります。
2.ハート型の紙に黒いペンで、あなたを振った相手の名前を書いてください。
3.白いキャンドルを灯し、受け皿を横に置きます
4.受け皿の中に紙をのせ、浸るほど酢を注ぎます
5.30分後に酢を流します。
6.紙を乾かし、翌日の真夜中0時にキャンドルの炎で燃やします

これで、あなたの心から相手の存在は消え去り、新しい恋を見つける意欲がわいてきます。

悲しみにサヨナラをするおまじない

<用意するもの>
・ペパーミントのアロマオイル
・キャンドル

<やり方>
1.このおまじないは満月の夜に行います
2.真夜中0時5分前、キャンドルにアロマオイルを指先を使ってまんべんなく塗ります。
3.部屋の明かりをすべて消して、0時になったらキャンドルを灯してこう唱えましょう。
「わたしの心と身体、そして魂を傷つけた相手から、わたしは自由になります」
4.唱えたら、キャンドルの灯りを消して、眠りにつきます。

これで、あなたを振った相手のことを忘れられるでしょう。

傷ついたハートを解放するおまじない

<用意するもの>
・イエローのキャンドル
・別れた恋人の洋服の糸数本

<やり方>
1.日曜日の夜、キャンドルに火を灯し、別れた恋人の洋服の糸を数本燃やしながら、「私の心は癒されて、わたしの気持ちは自由になりました。わたしは、もう愛の犠牲者ではありません」と唱えて、キャンドルを消します。
2.できれば、6日間続けて夜にこのおまじないをやってください。

これで、あなたは別れた恋人のことを忘れることができます。

おわりに

二人の人間が精神的に近づき、肉体的にも愛し合う時、二人のオーラは混ざり合い、固く結びつきます。

たとえ、振られてしまって別れたとしても、恋の相手のエネルギーはしばらくの間、あなたの中に留まり、あなたのエネルギーも恋の相手の中に残ります。そうしたものを消し去るために、これらのおまじないはとても有効です。

目には見えないかもしれませんが、上記のおまじないはあなたを苦しめているオーラから解放してくれるのです。古来より、恋に苦しむ多くの女性たちがやってきたおまじないですから、効果は抜群。

ぜひ信じて実行してみてください。そうすれば、振られた相手のことを早く忘れ、新しい恋を探しに行く勇気がわいてくること間違いなしですよ。

 

Written by 紅たき