彼がもっとも喜ばないセックスの始まり方といえば、彼女がいつまでも恥ずかしがって脱がないパターンです。これには彼も困ってしまいます。脱がせるための言動をすべてやり尽くし、でも脱がない彼女を前に、彼は茫然(ぼうぜん)と立ち尽くすしかありません。

さて今回は、彼が喜ぶセックスの誘い方について見ていきます。

あなたが先にハダカになって……。

冒頭に書いたように、なかなか脱がない彼女は、彼にとって困りものです。そこまで極端な彼女じゃなくとも、なかなか脱がない女子って、多いですよね?

男子はつねに「どのタイミングで」「どのように」彼女の洋服を脱がそうかと考えています。これって、男にとってはちょっとしたストレスです。

だから、彼女が先に全裸になると、彼はすごく喜ぶのです。脱がす手間が省けてよかった、と思っているだけではありません。「おれとしたいんだ!」と彼は喜ぶのです。

彼が見えるところで着替える

彼の部屋に遊びに行ったとき、彼に見える場所で着替えることで、「したい」アピールをする女子がいるそうです。

たとえばデニムを脱いで、パンティとキャミソールだけ……というかっこうで、「ねえ、なんか着るもの貸して」と彼に言えば……彼はTシャツを貸してくれる前に、後ろからあなたに抱きついてきてお尻(か、おっぱいか、その両方か)を揉んできたり、というようなこと。

シャツの上から彼の乳首をいじって……。

彼のYシャツの上から、彼の乳首をいじることで、セックスに誘う女子もいるそうです。男子って意外と、乳首が性感帯です。「男の乳首は性感帯ではない」と思うのであれば、エロ動画の男優さんを見るといいです。

数人見ただけなら「その男優さんたちだけが、乳首が感じるのでは」と思うかもしれません。そうであれば、100人の男優さんを見るのです。男にとって乳首は、れっきとした性感帯です。

「したい」とハッキリ言う

じつは男子って、彼女から「したい」とハッキリ言われるのが、もっとも嬉しかったりします。先に述べたように、男子はつねに「彼女をいつエッチに誘うといいのか」「そもそも今日はエッチに誘ってもいいのか」などと、ためらっているからです。

あまりに「したい、したい」と男から言うと「わたしのカラダだけが目的なの?」と、彼女に嫌われてしまうことを、彼らは知っているんですね。なので、女子から「したい」と、ハッキリ言われたら、どんなに気が楽だろう(≒嬉しいだろう)と思っているのです。

「したい」とハッキリ言わないで、たとえば彼の太ももにボディタッチをしてそれとなくエッチに誘うと、どうなるのか? 

彼はあなたの「したい」という気持ちを読めず、結局、エッチなしでその日はバイバイしてしまうかもしれません。もしそうなったら、あなたも彼も、おうちに帰ってオナニーするしかないですよね?

彼は彼で、ボディタッチしてくれたときの感触を「おかず」にオナニーします。あなたはあなたで、彼(だか、元カレ)に、いやらしく触られているシーンを想像しつつオナニーします。とても淋しいことです。

女子から「したい」と言うとか、あなたが先に全裸になるのは、もしかしたら勇気がいることかもしれません。でもその勇気を出すか出さないかで、結果はまるで違ったものになります。

たった1つの勇気で、彼とラブラブになれるのだから、ぜひ勇気をもって、彼をエッチに誘ってみてはいかがでしょうか。

 

Written by ひとみしょう

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…