元彼と結婚したい……! 未練を断ち切れない時に試したいこと

結婚はしたいけど、別れた元彼しか考えられない……。そういう状況のとき、婚活をしたくてもなかなか活発に動けないかもしれません。

街コンで素敵な男性と連絡先を交換したのに、初デートで元彼と比べてしまい、「やっぱりムリ」と気持ちが萎えるとか、あるんじゃないでしょうか?

ある結婚アドバイザーは、別れた恋人と復縁して結婚する可能性は決して高くないものの、全体の3割くらいを占めると言っています。

終わった恋への未練がどうしても断ち切れない時、どうすれば良いのでしょうか?

復縁結婚に必要なこと:その1

元彼に復縁を望むとしても、「やっぱりやり直したいし、結婚もしたい」と伝えるだけでは足りません。もし、お別れを自分から告げたなら、元彼を振ったことを後悔している点や、謝罪を言う必要があります。

・積極的に自分を変える。間違いを改める。

これは、復縁結婚を求める上で、絶対に欠かせません。別れを選んだということは、一緒にいることができない理由があったからです。
それが解消されない限りは、再び恋人同士になることもままならないでしょう。妥協や我慢ではなく、心から「彼とやり直すために変わろう」と思えなければ、復縁が叶っても同じ失敗を繰り返すことになります。

復縁結婚に必要なこと:その2

女性にとって結婚は未だに、「男性に幸せにしてもらうもの」というイメージが強いかもしれません。しかし、本来、夫婦関係は対等であるべきで、男性だけがすべての責任を負う必要はないのです。
夫に依存する女性は、やっぱり妻として選ばれにくいですし、元彼がたとえ復縁を望んだとしても、結婚までは決意しないでしょう。

・相手を思いやって、「一緒に幸せを作り上げていきたい」と思えるかどうか。

これも、元彼と結婚するためには忘れてはいけないポイント!
自分の希望を一方的に述べるのではなく、本当に元彼を思いやった上で、「妻としてあなたを支えたい。一緒に頑張っていきたい」という結婚願望を伝えたほうが良いでしょう。

未練を断ち切ったほうが良いケース

残念ながら、復縁結婚は望まないほうが良いケースもあります。それは、元彼にすでに彼女がいる場合。そして、ほかの女性と結婚してしまっている場合。

彼女や奥さんという座に、もう誰かが居るのなら、復縁を望んで叶ったとしても「2番目」という肩書きしか与えられないでしょう。セフレ扱いをされるくらいなら、潔く諦めたほうが賢明です。

荒療治ですが……出会いの場へ足を運んで、イマイチでも男性とのデートを繰り返しつつ、「恋のリハビリ」をしてみましょう。最初はつらいかもしれませんが、恋の傷はやはり、恋で癒すしかありません。立ち止まらず、新しい愛を求めてみてください。

 

Written by 沙木貴咲