【モテる修行】修行してでもモテたい女子に贈る「簡単な修行法」

なかなか彼氏ができない女子の中には、修行してでもモテる女子になりたいと思っている人もいることでしょう。修行してでもモテたいって、なかなかいい心構えです。モテるための修行法、こっそり教えちゃいましょう!

モテるための修行とはなにか?

モテるための修業とは、自分を「つくる」ことです。多くの女子は、自分「探し」をしているでしょう。自分を探したところで、今この項を読んでいるあなた以外に、あなたはいません。

そう考えるのがふつうです。だから海外に行って、たとえば「わたしは自分を探すために語学留学に来ました」と欧米人に言っても、相手はまったく理解してくれません。

自分を探す、という概念って、日本だけのものです。あるいは日本のごく一部の人だけの概念なのです。

自分のつくりかた

さて、自分をつくるとは、どういうことか?おそらく多くの人は、自分のルックスは並か、その前後くらい、と思っているでしょう。OKです。それくらいの人のほうが、自分をつくりやすいです。

あなたのお育ちは? 並か、その前後と思っている人が多いでしょう。OKです。いわゆるふつうのルックスで、ふつうの育ちをしてきた人の多くは、常識があるようで常識がありません。

常識がある、というのは、靴を脱いだら揃えるとか、お箸を正しく持てるとか、自分の先生と会って食事をしたら、帰り際にお車代をポチ袋に入れてお渡しするとか、そういう「当たり前のことが、当たり前にできること」を指します。

常識を身につけること。常識とは……

おそらくふつうの育ちをしてきたら、常識的なことを親から教わっているはずです。でもオトナになるにつれ、それができなくなっている人が多いはずです。

おうちに帰ったら、靴を玄関にちゃんと揃えていますか? 朝、早起きしていますか? 毎日トイレ掃除をしていますか?

「毎日」できている人って、少ないはずです。でも、そういうことを毎日やるのがふつうだし、常識なのです。なぜか?

日本人が「きちんとする」というのは、おおむね神社の教えから来ています。日本古来の、神道の教えがそのまま「日本人の常識」になっています。

だから常識的な行動というのは、「お天道様に見られても恥ずかしくない行い」のことです。誰が見ていても見ていなくても「きちんとしなさい」というのは、当たり前のことを当たり前にやりなさい、ということです。

最後に

昨今、若い女子の中で、本当に常識のある人は少ないです。男子の中にも少ないです。でも男子って、自分が常識はずれなことをやっているわりに、女子のそういう言動はよく観察しているんですよね、不思議と。

だから女子に対する「ダメ出し」とか「ドン引き」とかが、ネットで話題になっているわけです。

常識を身につけること、これがモテるための修行です。モテ髪をアレンジするとか、お金を払ってモテ服を揃える、といったようなことは、しなくて大丈夫です。

当たり前のことが当たり前にできるようになれば、自然とモテます。当たり前のことをきちんとやっていたら、自然と思いやりの心が芽生えてきます。

気持ちが落ち着いてきます。素直な性格になります。自他ともに対して、正直な人格が目覚めます。それでモテないわけがないのです。

 

Written by ひとみしょう

関連キーワード

KEYWORDS