男子たちがこっそり明かす「本命じゃなくなった彼女」に対する5つの行動

昔は大本命だったはずなのに、もはや彼の本命ではなくなってしまった…。

人間の気持ちは移ろうだけに、他人事ではないお話です。

「そういえば、彼の様子が少し変わってしまったかも…!?」と感じるなら、もはやあなたは本命ではなくなってしまったサインが彼から出ている可能性もあるのです。

今回は、男子たちにこっそり聞いてきた「昔は本命だったけど、今は本命ではなくなってしまった彼女」にやりがちな行動を5つご紹介します。

1.将来の話をさりげなく避ける

昔は将来の話をすると 嬉々として話してくれたのに、さりげなく避けられている気がする…というなら、彼の気持ちが離れているサインの可能性が。

「気持ちが薄れちゃった彼女に将来の話をされるのほど、キツイものはない」と言っていた男子もいて、どうしても避けたくなる話題だそうです。

ちょっと前までは「子どもは2人欲しいよな~。家は郊外に戸建てを買ってさぁ」なんて言っていた彼が、明らかに将来の話を避けるようになってしまったら、あなたを本命から外したサインなのかも。

2.「親や兄弟に会いたい」と言うと逃げる

自分の中で本命から外れた女子から、「あなたのお母さんに会いたい」「お兄さんカップルとダブルデートしない?」など、「家族に会いたい」という内容の発言が飛び出すと、ギョッとするのも男子の心理だそう。

家族はプライベートな人間関係だけに、“結婚”の話に繋がっていきそうで戦々恐々としてしまう類の話題にも感じるんですって。

「『そのうち別れるだろうな』と思っている彼女を、あえて家族には会わせたくない」と言う男子もいました。

3.仕事が急に多忙になり連絡が取りにくくなる

付き合っている彼女への気持ちが薄れると、「仕事」を理由に会う回数を減らしてしまう男子も少なくありません。

「仕事」って言われれば「仕方ないよね」と感じる女子が多いだけに、男子も使いやすい言い訳になっているんですって。

「俺、しばらく仕事がヤバくてさー。なかなか会えないと思うんだよね」なんて言われたら、本命から外されたサインになっていることもあるのです。

「仕事って言っているのにギャーギャー言われたら、こっちもキレやすいしね。便利な言い訳です」と、涼しい顔で語った男子もいましたよ。

4.遠出のデートを嫌がり始める

本命ではなくなった女子とは、できるだけ遠出のデートを避けたくなるのも男子の心理なのだそうです。

「思い出を作る必要はもはや無いし、一緒にどこかに出かけたいというテンションではなくなる」と、理由を語ってくれた男子もいます。

確かに、気持ちが薄れちゃった相手との遠出デートはなにかと苦痛な時間になるのは女子だって同じ。

「海でも行こうよ!」と誘っても、彼がなかなかノッてきてくれない理由は、もはや本命視していないから…なんて残念なホンネが隠されていることもあるんですね。

5.LINEの絵文字が減る

彼がどんなLINEを送ってくるかによっても、本命度を測るバロメーターにできることが。

男子いわく、LINEの文面にはテンションがそのまま表れてしまうことも少なくないそうで、「気持ちが薄れると絵文字使わなくなるんだよなぁ」と、教えてくれた男子もいました。

「本命じゃなくなった彼女には、事務連絡くらいしかしなくなる」と言っていた男子もいるので、LINEの文面は見極めやすいポイントのひとつです。

今回は、男子がこっそり教えてくれた、「昔は本命だったけど、今は本命ではなくなってしまった彼女」にやりがちな行動をお伝えしました。

「彼の様子がちょっとおかしい…」と感じるなら、残念すぎるサインが隠されていることもあるのです。

気になる彼の変化を冷静に観察してみてください。