脱・女子モドキ!男性に「脈アリかも?」と思わせるLINEテク

ドラマ『人は見た目が100パーセント』に登場する、女子モドキ主人公たち。生真面目なメールを送り、返信がこない……と落ち込む様子もありました。メールも良いですが、気軽に送れるLINEを使って男性をドキッとさせたいですよね。そこで今回は、男性に「これって脈アリ?」と感じさせるLINE術をご紹介します。

「そういえばね」で話しはじめる

「そういえば」から始める会話をできる相手は、意外にも限られています。話題を変える行為は「相手が自分の話を聞いてくれる」という信頼の下で成り立っています。話が変わっても聴いてくれる、受け入れてもらえる、と相手に対して感じているからこそできる行動です。

こういった理由があるのですが、人間の脳は非常に素直。こういった理由づけなしにしても、話を振られるたびに「俺たち、新しい話をしたくなる間柄だな」「自分との会話を楽しんでいるんだ」と、彼は感じるのです。

絵文字・スタンプの系統をマネっこ

文章に顔文字を付ける男性もいれば、スタンプを好んでつかう男性もいます。もちろん、女性の中にも絵文字派、スタンプ派など別れると思います。こちらから送る際には、彼のLINEの雰囲気に寄せていく気持ちを持ってみてください。

実は、こういった要素が「会話のテンポ」をつくる働きをしています。実際の会話におけるジェスチャーだったり、表情だったりする部分です。こういったものを彼に合わせることで、彼に「この子とは、気が合いそう」と前向きな感情を抱いてもらうキッカケになります。

2~3つのトークに小分けする

会いたい気持ちが募ると、彼へのLINEも長くなってしまいがち。そんな女性がよくハマってしまうのが、画面のスクロールが必要な長文LINEです。上から下までぎっしり書かれたLINEの吹き出しで、彼をびっくりさせてしまう可能性があります。

そこでオススメなのが、話題によって2~3トークに分ける方法。男性は連絡手段としてLINEを使う傾向にあります。簡潔さを意識すると、彼も返事をしやすくなるはず。LINEのやりとりが楽しくなって「脈あるんじゃない?」と思ってもらえます。

大切なのは「思いやり」

気軽に送れるLINEだからこそ、相手に対する思いやりは大切。彼が忙しいのに連続してLINEを送ったり、非常識な時間に送信したりするのは避けた方が良さそうです。

多くの女性は「好きな気持ちを察してほしい!」と感じていますが、男性が女心をくみ取るのは至難の業。脈ナシと判断して諦めてしまう前に、きちんと言葉で思いを伝えてみるのもよいかもしれませんね。
Photo by fotolia