男心を理解すれば、初デートで120%夢中にさせる女になれる!

いくつになっても、初デートって緊張しますよね。普段面識のある相手だとしても、いざデートで会うとなると、いろいろと勝手が違うように感じられるものです。

男性もまた、同じくかなり緊張しています。変な言動で相手をがっかりさせないように、気を張っています。と同時に、なんだかんだ言っても初デートが一番印象に残るし、楽しい時間になることも事実。

そこでの振る舞いをしっかりとしたものにしておけば、相手を大いにドキドキさせたり、夢中にさせるための発火材料にもなり得ます。今回は、初デートからいきなり相手のハートをわしづかみするための方法を書いていきましょう。

これまでしたくでもできなかったことをさせてあげよう!

交際前にははばかられたことも、交際したからこそ解禁されるアクションというのがありますよね。

付き合う前はする機会のない、手をつなぐという行為。これにしたって、いざ交際がスタートしてデートをしているからこそ、ようやく可能になったというカップルがほとんどでしょう。

さらに言えば、男心に着目することで、よりキャッチーなアクションが見えるようになります。たとえば優しくボディタッチしてみるとか、この程度のことがかなり嬉しく感じてしまうのが、男心です。

キスもその一環ですね。交際した以上あたりまえのことが、一番新鮮でドキドキできるのが初デートという唯一のシチュエーションなのです。

だからこそ、初デートで男性のハートをつかむには、今後あたりまえになるアクションを、いち早く体験させてあげること。本当にこれだけで、大抵は大いに満足させることが可能なのです。

次に期待を持たせる初デートの締めくくりをしよう!

初デートでの言動は、お互いの記憶に深く残り続けます。だからこそ慎重に、しかしセンセーショナルな物言いを心がければ、より相手の心を打つことになるでしょう。

デート中の言動で男心をくすぐるものは前項にあるようなものでOKですが、肝心なのは、次回以降のデートにも期待を持たせる要素です。その肝心な要素の代表格が、エッチの気配をにおわせておくこと。

男性はなんだかんだ言っても、付き合って最初のエッチが一番興奮するものです。だからこそ、可能な限りその時期を引っ張ることが大切になります。

あまり早くに……というか初デートでいきなり体を許してしまうと、もうその時点でドキドキがピークを超えてしまいますから、これは率直に言って悪手。恋愛寿命を短くしてしまうどころか、次のデートで相手の男心をくすぐることが難しくなってしまいます。

まずは初デートのうちにしっかりと相手の好きなことや望みを聞いておき、次回以降のデートの判断材料を集めておき、終盤で「次はお泊まりもいいかもね」程度の発言をするに留めておきましょう。

おわりに

初デートは、やり直しが利かない一発勝負のデート。せっかくだから、この初デートでは確実に相手の男心を射止めておきましょう。

そのための最低条件を書いておきました。そのまま流用するのもいいですし、自分なりにアレンジして盛り込んでみるのもいいですね。どっちにしても、何事も最初がもっとも肝心。ここでしくじることがないように、万全の準備をしてから臨んでいきましょう!

 

Written by 松本 ミゾレ