どうする? アブノーマルエッチのリクエスト

アブノーマルなエッチは好きですか? こんなふうに訊ねられたとしても、おそらく大半の女性が「ノー」と答えるでしょう。女性にとってエッチとは、愛情確認がメインですからね。
では、愛する男性からアブノーマルなエッチを求められたら……さて、どうしますか?

「どんなエッチ」は重要じゃない!

冒頭で、私たち女性にとってエッチとは、愛情確認がメインであると書きました。そうなんですよね、「どのようなエッチをするか」という部分に大したテーマ性はないのです。

そんなことよりも、「自分にとって愛する男性とのエッチ」であることが優先事項! もう1つ、「自分を愛している男性とのエッチ」であることも大事……この感覚は、ほとんどの女性に共通しているはず。

愛する男性がアナルマニアだったら……!?

愛してもいない男性から、アブノーマルなエッチを求められたとしたら……10人中10人の女性が断るでしょう。問題は、愛する男性からアブノーマルなエッチを求められたときです。そりゃもう複雑でしょうね。

「大好きな○○君がアナルマニアだったなんて!」のような衝撃もあれば、「アブノーマルなエッチを要求する=私を大事に思っていないのだわ!」という悲しみや怒りもあるでしょう。

本命カノジョには隠したいアブノーマル願望……。

「アブノーマルなエッチを要求する=大事に思われていない」とは断定できませんが、一理あります。これは筆者の知人男性談なのですが、結婚も考えている本命のカノジョに対しては、ごくノーマルなエッチを心がけていると。

理由はまさに、カノジョを大事に思っているからだと。対して、時折利用するフーゾク関係のお店では、アブノーマルなオプションをてんこ盛りにすると。理由はまさに、そこには愛がないからだと。男心は複雑ですね。

一体どこからがアブノーマルなの?

さきほどから「アブノーマル」「アブノーマル」と連呼していますが、何をもってアブノーマルとするか……。それは個人の価値観によって大きく異なります。

たとえば筆者にとってアナルプレイは、アブノーマルです。ですが女友達A子にとっては、彼氏とのマンネリを防止するためのプレイ。デート前は浣腸の習慣まであったりするわけです。

「愛しているなら受け入れよう」ではない!

女友達B子の彼氏は、スワッピング(パートナー交換)の嗜好があるとのこと。「俺がC子さんとエッチしている間、キミはC子さんのパートナー男性・D氏とエッチしていろ!」って、一般的な感覚では「愛がない」どころか、ありえないでしょう。

けれどもB子は、彼氏のスワッピング嗜好を受け入れているんですよね。なぜなら、彼氏を心から愛しているから。また、スワッピング嗜好を受け入れてくれているB子を、彼氏さんも大事にしているとのこと。

 だからといって、皆様にも「彼氏のアブノーマル嗜好を受け入れましょう」とは推奨しません。筆者自身の価値観では、どれだけ愛する男性でも、アナルプレイは拒否してきました。今後求められたとしても、応じるつもりはありません。

アナルプレイができないなら別れると宣言されたら……残念ですが、別れを選ぶことになるでしょう。アナルプレイではなく、ハメ撮りだとしたら、受け入れオッケーなんですけどね。要するに、プレイの内容によりけりといったところでしょうか。

 愛しているから受け入れるのか、愛していても拒むのか……どちらが正解ということはないです。が、周囲のアブノーマルカップルを見ていると、一般的なカップルよりも絆の深さが感じられます。性嗜好の共有は、男性にとってはよほど嬉しいものなのでしょう。

 

written by 菊池美佳子

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…