結婚のメリットがわからなくなっている原因5つ

結婚願望がない、出産願望がない、という女性が最近増えているそうです。ちなみに筆者の周囲にも願望ゼロの女性が多数います。
そして、その女性達には共通点がありました!

というわけで、女性達が結婚のメリットが分らなくなっている原因について5つ、ご紹介したいと思います!
今回は、「結婚したくてもできない」という女性ではなく、「結婚する気がない」と現時点で思っている女性が対象です。ご覧ください!

ちゃんとした収入がある

結婚願望がない女性の多くは、このタイプ。現時点でちゃんとした収入がある。これは、結婚のメリットを薄れさせます。
結婚ってやはり経済的なメリットが大きいと思うんですよね。たとえば共働きだとしても、一人の収入より二人の収入の方が大きいわけですし、お互い支え合っていると言う安心感もあります。

その点、自分だけである程度稼げてしまっていると、経済的に援助してもらおうと思いませんよね。
むしろ、自分の資産を自分のために投資したいと考えるのかなと思います。

仕事が生き甲斐になっている

収入もそうですが、例えば収入がそれほど多くなくても、今の自分の仕事に生き甲斐を感じていた場合、結婚をしたいと思う気持ちは半減します。結婚してしまったら、仕事を続けられたとしても色々な制限が出てしまいますからね。これは夫の理解にもよるのでしょうけれど、精神的な責任が違いそう……。

仕事が生き甲斐の女性は、仕事に恋していますからね。なににおいても第一優先にしていたいのかも。

男性に尽くすことに魅力を感じない

結婚したらやはり夫に尽くすでしょう。むしろ、「この人を一生支えたい」と思うからこそ、結婚を決めるのです。
結婚にメリットが分らなくなっている女性はそこがぼやけている気がします。

そもそも男性に尽くす、いわゆる、「三歩下がる」など、世間で言われている様な良妻に対して、「見ている分にはそんな関係のご夫婦は素敵だなと思うけれど、自分がしたいとは思わない」と以前、友人(独身)が言っていたのを思い出しました。

一人時間が長年充実している

これ、多いです(笑)休日はとにかく一人で行動する。

美術館でも映画館でも、ショッピングでもとにかく一人。
帰ってきてどうでもいい部屋着を着て、好きなご飯を作って、好きなお酒を飲んで、好きな音楽をかけて、誰にも気を使わない時間が至福なのだとか(笑)

確かに筆者も過去、一人時間が充実していた時は、確かに「結婚って誰かと一生いないといけないでしょ? それって一生束縛し合うことと同じじゃん! 」と思っていました。

言えるのは一人は最高。しかし、結婚のメリットは、「一人は最高だけれど二人はもっと最高」と言うところだと思います。

恋愛に対して消極的

筆者の友人のなかにはこういったタイプの女性も、結婚のメリットが分らなくなっていました。

その女性は、過去に1度も男性と恋愛をしたことがありませんでした。
しかし30代になり、周囲にも心配され、親にはお見合いを何度もセッティングされたそうなのですが、どれも気疲れだけして終わったというもの。

この経験から、「一生懸命無理して結婚をすることになんの意味があるの?」と悩んでいたみたいです。
その時、たしかにそうだよなぁと思いました。無理矢理誰かを好きになることなんてできないですからね。
いつかきっと素敵な人が現れて、その時は自然な流れで距離が縮まっていくわけで。それが何歳でなのか、なんてのは人によって違いますものね。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか? 結婚のメリットが分らなくなっていませんか? そんな時は焦らず、自然な流れの出会いを待てば良いのだと、筆者は思います。参考にしていただければ幸いです。

 

Written by ヒナタ