スピード婚しそうな時、心に留めておいてほしいこと

芸能人にもよく見られるスピード婚。出会った瞬間に「この人と人生を歩みたい」と感じるのでしょう。そのまま、まるでなにかに突き動かされた様に全速力! 結果、出会いから結婚式までがわずか数ヶ月。そんな素敵な出来事を人はスピード婚と呼びます。

さてさて、もしあなたがスピード婚しそうになったなら? 心に留めておいてほしいことをいくつかご紹介します。

喧嘩の勢いでしない

壮絶な喧嘩をした後、「ごめんね」のあとに、「一生幸せにするから結婚しよう」とか、その喧嘩の原因が例えば彼の浮気だとして、それをあなたが許した後に「もうお前以外は愛せない。結婚してほしい」などと言うプロポーズに関してはいったん、置きましょう。

喧嘩、仲直り、このタイミングってお互い冷静ではないですからね。しかも、喧嘩の後って盛りがありやすいじゃないですか。なので、そこからのスピード婚はおススメしません。

酔った勢いでしない

喧嘩同様、お酒が入って酔っぱらっている時も冷静ではありません。なので、この時のプロポーズもいったん置いてください。好きな人が隣にいて酔っぱらえている時は幸せですよね。勢いもありますし、「このまま時が止まれば良い!」なあんて妄想も。

しかもそんな時に好きな人から「結婚してほしい」などと言われたら、それこそ勢いで「はい!」って言っちゃう気持ちも分ります!(笑) でも我慢しましょう。

翌日起きて冷静になって考えてみたら「いや、ちょっと違うかも」って思ったり、最悪の場合、「覚えてない」なんてことも。おまけに相手の方は全然酔っぱらっていなく「本気だった」となれば、その後の関係性にヒビも入りかねませんよね……(笑)

直感に尋ねてみる

突然、まだそんなに全部を知っているわけではない彼からプロポーズされたなら……。その時は是非直感に尋ねてみてください。冷静になって考えてしまうと、「収入が」「家庭環境が」「年齢が」「外見が」などと、結婚を選ぶ条件は出てきます。

ただ、その冷静なジャッジが必ずしも正しいわけではありません。そうやって直感を無視した結果、せっかくの運命の相手を見送ってしまうことだってあります。ですから直感を1度信じてみてください。

プロポーズされた瞬間、あなたのハートはどんな風に動きましたか? ごまかさず、尋ねましょう。

お互いを知る時間を積極的に

突然のプロポーズはとても戸惑いますが、もしあなたのハートが少しでもワクワクする方に動いたならば……。そこからは、お互いを知る時間を積極的に作ってください。

お仕事が忙しい二人ならランチ時間を合わせてみるとか、休みの日、午後が忙しいなら、朝の散歩を楽しむとか。時間やシチュエーションを変えて会うのがおススメです。

いつも夜だけ、など会う時間帯を限定しない様にしましょう。短い時間の中でも、彼のいろんな面に触れて、そしてあなたの色んな面に触れてもらい、そして二人でどうするのか決めましょう。

今回のまとめ

それにしてもスピード婚ってなんだかロマンチックな要素がたくさんだなぁって、改めて思いました。理想と現実とかいろんな問題はあるのでしょうけれど、1度きりの人生、自分の直感を信じることも大切。参考にしていただければ幸いです!

 

Written by ヒナタ