遊びに行って帰りが遅い彼に言ってはいけないNG発言8パターン

仕事で帰りが遅いならまだ許せるし「お疲れさま」「疲れてない? 」なんて優しい一言をかけられたりもしますよね!
でも仕事以外で帰りが遅いのはイライラしてつい彼を責めるような発言をしてしまいがち…。
もしかしてその発言、彼が冷めるきっかけになっちゃうかも!?
今回は遊びに行って帰りが遅い彼に言ってはいけないNG発言8パターンをお届けします♡

|彼女に言われて嫌だった発言はある?

出典:Shutterstock.com

「さみしかったよー」が通用するのは付き合い始めの超ラブラブ期限定。
最初は「可愛いやつめ」「ヤキモチ? 」と寛大に受け止めてくれていた発言も、時がたてば「ウザい」に変わるかもしれないのです。
せっかく楽しい気分で帰宅したのに一気に台無し…。
そんな経験をしたことのある男性がほとんどです。

|彼に言ってはいけないNG発言8パターン

出典:Shutterstock.com

■「どこにいたの? 」

居場所を探られて嫌な思いをした男性は非常に多いんですよね。
やましいことがなくても疑われいる気分になるそう。
「いつものお店で集まったの? 」とか「いいお店だったなら知りたいな」のような会話はOK!

■「誰といたの? 」

「問い詰められているようにしか聞こえない」「尋問? 」とテンションが一気にさがるこの質問。
彼が誰と飲んできたのか気になりますよね。
これを聞くなら「また飲んできたってことは相手は○○くんと○○くんでしょ~」のように冗談っぽく突っ込むと喧嘩になりません。

■「楽しかったんだね? 」

この聞き方では「楽しかった」と言いづらいのが理由。
そんなつもりはなくても無意識に卑屈な言い方になってしまっているかも!?
彼の帰りが遅くてムッとしてしまう女性は多いから、つっかかる言い方にはくれぐれも気をつけてくださいね♡

■「なんで途中で連絡返してくれなかったの? 」

どうマイルドに言い換えても問い詰めたり責めるような言い方にしかならないのがこの発言…!
男性からしたら「なんで」から始まる言葉は恐怖でしかないらしく、特に理由もないので返答に困るみたいです。
せいぜい「楽しくて忘れてた」「面倒だった」が本音だと思ったほうがよさそうかも!?

■「私と過ごすより楽しかったの? 」

比較を嫌う男性にとって地獄の言葉。
「いいなぁ、私とも今度そこ行こうよ」とポジティブに彼の話を楽しんで聞くのが正解です◎

■「みんなとどんな話したの? 」

彼がどんな話をするのか気になるし聞きたいですよね。
だけどやっぱり根掘り葉掘り内容まで聞かれるのは嫌みたいです。
なにも聞かないと逆に自然と彼がベラベラ話してくれるかもしれませんよ♡

■「帰りずっと待ってたんだけど」

「別に待っててなんて頼んでない」「むしろ先に寝ててほしい」が世の男性の本音なんです。
待ってたはおしつけがましいと感じてしまうのかもしれませんね。
「心配だから帰り待ってたけど安心したから寝るね♡」と可愛い対応を心掛けて!

■「次は私も一緒に行きたいな」

女子会なら「彼氏も連れてきちゃった」「紹介したくて」は珍しい光景じゃないですが、男性たちの間では「彼女を連れてくるなんてまずありえない」と不評なんです。
男同士でしか分からない話もありますし、いちいち彼女連れなんてバカップルにしか見えないところが引っかかるそう。
言っても断られるなら言わないほうがよさそうですね。

■「話し合おう」

いきなりガチトーンで言われても夜遅いし飲んできていたら頭もまわらない…。
彼女がブチ切れて深夜の話し合い開始!
女性は今すぐ話し合って解決したい、という人が多いけど結局大喧嘩に発展してしまうだけ。
タイミングには気をつけましょう!

出典:Shutterstock.com

いかがでしたか?
深夜の不用意な喧嘩は自分もしんどいですよね。
ぜひ参考にしてみてくださいね♡

関連キーワード

KEYWORDS