別れないけど結婚もしない!男に「プロポーズする必要なし」と思われる女子って?

どうにもプロポーズされない女性っています。そんなときは男性サイドが「別れるほどじゃないけど、プロポーズしたいほどじゃない」と思っているのかも?

あなたにも当てはまっていませんか?チェックしてみましょう。

「結婚しなくても逃げなそう」な女

結婚に結びつかない恋愛は、なにも不倫だけとは限りません。安定した仲にみえる恋人同士が、ダラダラ付き合っているだけの「長い春」状態であることも少なくありません。

結婚しなくても自分のもとから逃げなそうな女に、あえて積極的にプロポーズする男は少なめ。「結婚しなくても逃げなそう」とは、女性としての魅力に乏しいという意味だけではありません。あまりに彼にベタぼれだとか、交際当初からすぐ同棲したがるなど、彼にまったく危機感を抱かせない女はプロポーズからどんどん遠ざかってしまうかも。

特に安易な同棲は、入籍しなくても結婚しているのと同様の生活が手に入るため、わざわざプロポーズしなくていいか……と思われがち。

「金銭的メリットがない」女

専業主婦になりたい願望が強く、あまりそれを前面に出してしまう女性。これもプロポーズされにくくなってしまう可能性が。「一人で生きていける女に見えたら、結婚してくれないかも?」という不安は無用!「一人で生きていけるけど、あなたと一緒にいたい」姿勢が大事。

「もし子どもができたら、しばらくは育児に専念したい!その間は私が働かなくていいように、彼だけでも十分な収入をキープしてほしい!」そう思うことは何の不思議もないのですが、今まで稼ぎを自由に使って生きてきた男性には「結婚=お金を搾取される」という風に映ってしまいがち。

旦那さんに守ってもらいたい、全力で彼に乗っかりたいという考えでは、プロポーズできる雰囲気ではなくなります。結婚や出産に対して理解のある職場にいることや、手に職がある場合はアピールしておいたほうが、むしろ彼のプロポーズへのハードルを下げることができます。

「だらしない」女

結婚生活がいつも緊張感に満ちているのはお互いにつらいですが、交際中から随所にだらしなさが見える女は妻として選ばれにくいもの。部屋が汚い、財布がお金以外のものでパンパン、ヒールの先が削れて金属が見えている……。

こんなビジュアルのだらしなさはもとより、態度や生活の面はどうでしょう?特に見られているのは金銭面と酒グセ。計画的にお金を使うことができず、すぐ「お金なーい」と口にしたり、アラサーなのに大学生のようなノリで後先考えずに酔いつぶれたり……。

こんな女は「一緒にいたら恥をかきそう」と思われ、妻としては敬遠されます。男は外に出たら7人の敵がいると言います。女としてだけではなく、味方として彼に信頼されることが大切です。「この子が家族として支えてくれるなら安心」そう思われる女になりたいものです。

選ばれる女とは?

「迷ったら行動する」のが女性ならば、「迷うくらいなら現状維持」が男性の考え方。彼に「結婚はちょっとな……」と迷わせる要因をできるだけ潰していくのが結婚への近道なのかもしれません。

以前に比べ授かり婚が冷たい目で見られることも少なくなりましたが、それは「子どもができた」ほどインパクトのあるきっかけがないと、なかなか結婚に踏み切らない人たちが増えたせいでもありそうです。

彼からのプロポーズを待っているなら「この子との結婚に対して俺はガツガツしなくていいし、する必要がない」なんて思わせないように!自分がどのタイプかわかったら、彼がプロポーズに踏み切れるように工夫してみて!