なぜか好きじゃない人に告白される タイプじゃない人にモテるパターン5

 「どうも私の好きなタイプじゃない人に告白される」という人のパターンを5つ紹介します。そのいくつかが重複している人も多いと思います。そこから抜け出す方法についても、少しだけお伝えしますね。

1.いわゆるモテる方法を実践している

 いわゆるモテる方法は「門戸を広げる」「ハードルを下げる」という手法が多いもの。確かに、万人ウケはいいのですが、あなたの特徴をアピールできる方法ではありません。

 「手に入りやすい女子」となってしまっている可能性もあります。声をかけやすいのですが、「どうしてもこの人がいい!」と思ってもらいにくいのも特徴で、ヘタをすると「2番目の彼女」になってしまう危険も。

2.素直になれない

 中学生のころ、男子と仲よくする女子を見ると「やだー、○○ちゃんって、男好きだよね」なんて、陰で言っていませんでしたか?

 自分の気持ちに素直な女子を見ると嫌な気持ちになる人は、素直に心のままに動けない人。著者も、そのタイプでした。でも愚痴りつつ、心の奥底には「いいなぁ、仲よくできて」という気持ちが、本当はあったはずです。

 素直になれない人は、コンプレックスを抱えています。

 コンプレックスがまったく無いという人はいないかもしれませんが、コンプレックスを隠していることを悟られないようにしていると、どうしても素直になれないものです。文句や批判も多くなりがちです。

 好きな人の前で、素直になれないことは大きなデメリット。「素直さ」は恋愛の重要なポイントです。

3.人の目を気にし過ぎている

 素直じゃないタイプの人は、頭(思考)と心(感情)がズレていて、表裏のギャップが大きい可能性があります。「人からどう思われるか(頭:~ねばならない)」が気になって、自分が「どうしたいか(心:~したい)」を隠してしまいがちです。

 女性は男性よりも普段の暮らしのなかに妥協や抑制が多く、知らない間に多少の「演技」を自然に身につけています。

 ぶりっこにしても、強がりにしても、どちらも「演技」。

 自分を隠していることに違いありません。頭と心のギャップが、そのまま、あなたの「イメージ(見せたい自分)」と「実際(本当の自分)」との間に表れており、大きなギャップになるのです。

4.みんなに好かれたい

 「みんなに好かれたい」と思う人は、平等に接することができるのは素敵ですが、自身の特徴が出しにくいはず。自分の性格を決定づける軸が、自分ではなく「他人」にあるからです。

 良く言えば「平和主義」であり、悪く言えば「事なかれ主義」。はっきり「NO」と言えない受け身タイプであるとも言えます。

 それは、良い意味でも、ハードルは下げることでもありますが、「よくいるタイプ」という印象から「手に入れたい!」というターゲットとして興味を持ってもらえない可能性も。

5.あまりワクワクしていない

 ワクワクしていますか? ときめきを感じていますか?

 恋をすると胸がキュンとしたり、ドキドキしたりしますよね。つまり、「恋するカラダ」を活性化させることが恋愛への一歩なのです。恋する女はきれいでしょ?

 ときめきが多い人はキラキラして目立ちますし、キラキラしている素敵な男性を惹き付けやすいものです。そういう人にはダメ男も寄りつきません。

好みのタイプの人にモテるには?

 まずは、下記のようなことからトライしてみましょう。

・小さいころをヒントに日常にときめきを
・映画、音楽を浴びて胸キュン時間を増やす
・毎日、胸に手当てを
・好きな人には積極的にアピール

 子どものころには、世間の価値観に振り回されることなく「ワクワク」を感じていたはず。そのころをヒントに趣味や時間を見つけ、ときめく時間を増やしましょう。

 そして、ときめく音楽や、映画をいっぱい浴びて「恋するカラダ」を活性化させ、寝る前に、胸に手を当ててエネルギーのバランスを整えてあげましょう。

 好きな人がいる人は、「受け身」はやめて、積極的に話しかける機会を持ちましょう。苦手な人に対しても態度を変えず、みんなに気配りできるのは素晴らしいことです。でも、好きな人に対しては、「同じように」するのではなく、態度で好意を示しましょう。音楽、映画、食事、趣味など、広くて無難な「話題」で、そのなかで「これが好き」という意志を伝えることで、あなたらしさを伝えましょう。

 タイプじゃない人から告白されようと、あなたが魅力的であることは間違いないので自信を持って!

 そして、少しずつでいいので、表裏の無い「ありのままの自分」に近づけるように、自分の「弱さ」や「本当の望み」と向き合ってみましょう。表裏の差が無くなるほど、自分の好みのタイプの人を引き寄せることができますよ。

【藤嶋ひじりの恋愛コラムガイド:藤嶋 ひじり】


この記事どうだった?

0いいね!

3うーん…