部屋が片付かないことによる恋愛デメリット

みなさんの部屋は片付いていますか。
ちなみに私はきれい好きですが、どうしても部屋が片付かない時もありますよね。
自分の部屋は自分の好きなようにできる場所です。

でも、長い目でみると、部屋を片付ける方が得です。それは恋愛にも影響します。
今回は「部屋が片付かないことによる恋愛デメリット」をまとめてみました!

彼氏を部屋に呼べない

疲れていたり、忙しい時期だと、部屋は散らかってしまうもの。
でも部屋が片付かないと恋人を呼びにくいですね。
せっかく家にお誘いしたくても、散らかっていると難しいです。

私も経験がありますが、彼女が部屋に全然呼んでくれない時期がありました。
「嫌われたのかな」と思って悩みもしましたが、あとから聞けば、部屋が片付かなくて呼べなかったとのこと。
おそるおそる彼女に部屋に入ったら、確かにとても散らかった部屋でした(笑)。

理由を話してくれれば納得もできます。
でも部屋に入れない状態が続けばどうなるでしょう。関係が悪化してしまいますよね。
部屋を片付けられないなら、それを相手に理解してもらう努力が必要かと思います。

気持ちを整理できない

部屋が片付かないと、何がどこにあるのか分かりません。
不用品ばかりで部屋が溢れてしまうと、大事なときに必要なものが見つからないのです。
部屋の鍵から定期券、お気に入りのアクセサリーなど、デートのときに持っていきたいものが見つからない。
そんなことで気分が下がったり、遅刻してしまうのは、相手も自分にとってもマイナスです。

大事なものと不用品が混在している状態では、自分の気持ちも整理できないと思います。
例えば、告白されたときのように、恋愛において大事な回答が必要な場面があります。
いつ、どんなときも、自分の気持ちに向きあうために必要なことは何か。
部屋の片づけて気持ちを整理することが大事だと思います。

優柔不断な恋愛になる

不用品でものが溢れると、部屋は散らかります。捨てられないのは、優柔不断が一因にあるでしょう。

恋愛でも優柔不断が出てしまうと大変です。
自分から告白したくでも出来なかったり、冷めた恋愛をずるずると続けるかもしれません。

まずは部屋の片付けから始めて、優柔不断と向き合ってみてはいかがでしょうか。
片付け方法の本も書店にたくさん並んでいます。

1度、不用品の捨て方や部屋の片づけ方について、勉強してみてはいかがでしょうか。

精神状態が部屋に現れる?

仕事から帰ってきた時に部屋が散らかっていたら、どうでしょうか。
なんだか、どうでもよくなってしまいますよね。
逆に部屋がきれいに片付いていたら、どうでしょうか。
帰宅から就寝までの時間を有意義に過ごそうと思えます。

私は「精神状態は自分の部屋に現れる」と思っています。
落ち込んでいるときや疲れているときは部屋が汚くありませんか。
やる気に溢れているときや調子がいいときは部屋がきれい。

逆にいえば、部屋をきれいに維持すれば、気持ちも一緒についてくるはず。
落ち込んでいるなら、掃除をして、気持ちを1回リセットすることもできます。
部屋の掃除をメンタルケアと考えみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?
こと恋愛において、部屋が片付かないことはデメリットしかないと思います。
内にこもりたいときもありますが、恋愛をするときは外にでるもの。
恋愛したいなら、まずは自分の部屋から片づけてみる。

きっと良い方向に進むと思いますよ。

 

Written by 前田ヒロキ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…