何度誘っても会ってくれない女……。男性からの誘いが億劫になる理由とは?

街コンや合コンで知り合った男性から、食事に誘われたけど「どうしよう」と迷ってしまう。1度「OK」の返事をしたものの、仕事疲れで当日になると、気乗りしなくなってしまう。そんな経験ってありませんか?

出会いを求め始めたばかりで、恋愛に慣れていないうちは、その感覚がなんなのか分からない女性も多いでしょう。そこで今回は、男性と会わない女性の心理をご紹介します。自分の気持ちを客観視させて、上手に恋愛をする手立てにしてみてください。

気になることは相手を労わりながら、勇気を持って伝える

誘われて気乗りしないのは、いろいろな要因が積み重なっていると思います。たとえば、単純に男性がタイプでない。誘いがいきなり過ぎて、躊躇してしまっている。自分にコンプレックスを感じていて、誘いに素直に乗れないなど。

これらの要因が積み重なるほど、誘いには億劫になりがちです。ですので、まずは自分が恋を進めるにあたって、気になることをハッキリさせておきましょう。出会った男性に興味が持てないのなら、ムリに異性として見るのではなく、「友達からお願いします」と言う。

面と向かって話をするのが得意でないなら、LINEでやり取りをして距離を縮めながら、食事のステップを踏むとか。関係を築くうえで、気になることがあるなら始めに言ってしまう。

例えば実家の農家を手伝っているから、あまり会えない。いま資格試験の勉強をしているから、数時間しか会えないとか。結果、関係が途切れてしまうのなら、それまでの縁だったと気持ちを切り替えて、次の出会いを求めるタフさも大切です。

自分から壁を作り過ぎない

恋愛で大事なのは、コミュニケーションです。たとえば相手への興味が薄い場合、デートの誘いをされても、気乗りしないのが正直なところだと思います。でも、気乗りするかどうかは、自分のアプローチの仕方次第とも言えます。

たとえば顔はタイプではなくても、「◯◯さん、何か趣味はありますか?」「休日は何をして過ごしていますか?」と聞いてみると、お互いの共通点が見えてくるかもしれません。もしかしたら同じ趣味を持っているかもしれませんし、気になる一面が見えてくるかも……?

相手に「会いたくない」と思うのは、自分自身に原因が潜んでいる可能性もあります。せっかく知り合った相手ですので、ぜひ交流を楽しんでみてください。自分のコミュニケーションの取り方によっては、相手も誘い方を見直したり、距離の測り方を考え直すこともあるかもしれません。

外交的な自分を作っていこう

自分の性格タイプによって、恋愛の進め方にだいぶ差がありますよね。内向的なタイプなら、知り合った男性と慎重に関係を進めていくでしょうし、外交的なタイプなら、知り合った男性とグイグイと積極的に関係を築いていくでしょう。

内向的なタイプだと、誘いを受けても慎重になりがちです。でも、相手がタイプだったとしても、「自分とじゃ釣り合わない」「私と会っても……」と、自分を卑下してしまいませんか? あれこれと考えてしまう前に、とりあえず会ってみてもいいと思います。

もちろん、仕事の都合や個人の事情もあるでしょうから、それを相手に伝えながら。恋人ができやすい人ほど、フットワークが軽く積極性にあふれています。ぜひ自分の積極性を磨くためにも、出会う男性との交流を前向きに楽しんでみて。

男性と会わない心理が、自分で客観視できたのでは? ぜひ上手に恋愛をする手立てにしてみてくださいね。

 

Written by 柚木深つばさ