百年の恋も冷める夏イベントでのKY行動

夏は、一年でもっとも暑い季節であるのと同時に、一年でもっとも
「熱い」季節でもあります。
海やプール、花火やバーベキューなど、様々なイベントが盛り沢山なため、
おのずと熱くディープな体験に繋がるのでしょうね。
だからこそ、気を付けたいのが夏イベントでのお作法! 
とんちんかんな行動で男性陣をドン引きさせていませんか?
ここでは、夏イベントにおけるありがちなKY行動を考えてみましょう。

■野外フェスでは知ったかぶりするべからず

意中の男性とお近付きになりたくて、彼の趣味に合わせちゃうこと……
恋する女性にはありがちですよね。
夏のシーズンは、なんといっても野外フェス!
普段は音楽を聴かない女性も、音楽好きの男性にあわせて即席予習し、
野外フェスデートに漕ぎ着けようと奮闘する季節です。

なんとも健気な乙女心ですが、どうか知ったかぶりだけはしないでくださいね。
「貴方とデートするために、にわか学習で参戦しました」だとバツが悪いので、
自分も元々音楽好きだったという設定で押し通そうとする
女性も少なくないですが、音楽愛好家男性たちいわく、
バレバレなのだとか。

意中の男性が野外フェスに行くという際は、「私も前から好きだったの!」と
知ったかぶるのではなく、「普段は音楽聴かないけど行ってみたい」と
素直にカミングアウトしたほうが好印象ですよ。

■バーベキューでの日焼けは気にしすぎるべからず

仲間内でやるバーベキューに意中の男性が来ることもあるでしょう。
バーベキューで男性陣からもっとも不評なのが、
日焼けを気にしすぎる女性です。テントの下から出てこようとせず、
お肉を焼くのは他の人に任せっきり……あまりにも協調性に欠けますよね。

美白ブームの昨今、日焼けが気になる気持ちはわかりますが、
「こんなに陽射しが強いと焼けちゃうー」などの発言は文句にしか聞こえません。
自宅でしっかり日焼け止めを塗ってくるなど、事前対策で自己解決してください。
文句をたれずとも、長袖にツバの広い帽子など、
完全武装すぎるのも色気に欠けます。最悪なのは日傘! 
筆者が前に参加したバーベキューで、日傘をさした状態でお肉を焼いている
女性がいたのですが、男性陣から「邪魔くせえなぁ」と指摘されていました。

日焼け対策は大事ですが、もっと大事なのは協調性だと肝に銘じておきましょう。

■浴衣の着くずれにご用心

a0002_005700

 

花火や夏祭りに、浴衣で臨む女性も多いでしょう。
普段着とは違う装いは男性陣からも好評なのですが、残念なのは
着くずれしちゃっている女性。裾が広がってきたり、
胸元や襟がはだけてきたり……そのままの状態で歩くのは
あまりにもみっともないです。
一から着付けが出来るようにならずとも、ちょっとした着くずれは
自分でも直せるように、お母さんやおばあちゃんに習っておきましょうね。

菊池美佳子の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…