女が結婚相手に求める「3つの安心感」とは?

 恋愛と結婚の大きな違いは、「相手に求める安心感の大きさ」にあると思います。恋愛であれば、めくるめくエスコートや刺激的な関係でも満たされるでしょうが、結婚となるとやはり安心感が重要になってくるでしょう。女性が結婚相手に求める「3つの安心感」についてお話しいたします。

1.「経済観念」が似ている

 結婚とは、異なる環境で育った二人が共に生活をすることです。生活するには、当然お金がかかります。そこで重要なのが「経済観念」。すなわち、どのようにお金を使うかということです。

 たとえば、外食の頻度や費用はどのくらいが妥当だと感じるのか。服飾費や趣味にかける費用、飲み会などのつきあいにかかる交際費などはどのくらいまで許容できるか。そういった金銭的なバランス感覚があまりにかけ離れていると、なかなか一緒に暮らしていくことは難しいでしょう。

 物を買うときの基準も大事です。どこに重きを置いて買うのか。たとえば実用性なのか、コスパなのか、センスなのか。何かを購入する際の決め手が理解できる相手なら、それほど不安にならないはずです。困るのは経済的に余裕がないのに、なんだかわからない基準で買い物を繰り返す相手です。そんな人と一緒にいたら、誰だって不安になってしまいますよね。

 結婚して起こる問題の大半は、お金にまつわることだといいます。住宅、レジャー、子どもの教育、嫁姑、介護、医療、その他さまざまな問題が出てくるでしょう。しかし、収入をどこにどう振り分けるかといった感覚が近い相手なら、うまくやっていけるはずです。経済的な不安が少なければ、それだけでもかなり安心できますよね。

2.「異性との接し方」を受け入れられる

 「どこからが浮気か?」という質問の答えは人それぞれ違うと思います。手をつないだら浮気という人もいれば、肉体関係をもったら浮気という人もいるでしょう。この「異性との接し方」も、安心感を得るための重要な要素のひとつです。なぜなら、結婚するからには誰だって離婚したくはないですし、パートナーの異性関係に気を揉むのはできる限り避けたいことだからです。

 たった一人のパートナーと生涯寄り添うとしたら、何十年という長い年月を共にすることになります。その間に、やきもちを焼くようなこともあるかもしれません。ですが、なんとか許すことができる範囲であれば別れを選ばなくて済みます。たとえば、つきあいでキャバクラに行くのは許せるが、不倫は許せないとか。どこまで許せるかの基準は人によるでしょう。

 そして、その基準によって、必然的に選ぶ相手も変わってきます。例外はありますが、一般的に、経済的に余裕がある男性ほど女性関係も派手になりがちですし、そうでない男性ほど家事や育児に協力的だという傾向があります。既婚女性はこれをふまえた上で、自分が許容できる相手を選び、安心感を手にしている人が多いようです。

3.「考え方」や「行動パターン」がわかる

 異なる環境で育った二人が共に生活するのですから、互いに相手を理解し、受け入れようとする気持ちがなければ破綻してしまいます。ですが、相手の考え方や行動パターンが予測できるほど互いにわかり合うことができれば、安心感に包まれるでしょう。

 たとえば、こういうことをすると喜ぶとか、こういうことをすると怒るとか、トラブルが起きたときにどういう考え方をするかとか。相手の考え方や行動パターンがわかることは、大きな安心につながります。

 長く一緒にいれば、大なり小なりトラブルも出てくるでしょうが、そんなときも相手のとる行動がわかれば見通しがたちます。もしも自分が病気になったら相手はきっと看病してくれるだろうと思えるか、面倒な事態になったら逃げ出すかもしれないと感じるのとでは、安心感はだいぶ違いますよね。

 それに、何かあるとキレて怒り狂う人や、突然蒸発してしまう人と寄り添うのは、不安で仕方がありません。相手がどういう考え方をしているかわからなかったり、喜怒哀楽のポイントが自分とあまりにもかけ離れていたりすると、不安になりやすいものです。何かのときに突拍子もない行動をとるかもしれない人と一緒にいるのは恐怖にもつながります。

 不安を感じていては、幸せに暮らせません。幸せな結婚生活を送るには、安心感が大切です。もちろん、先のことは誰にもわかりませんから、この人を選べば絶対に安心ということはありません。それに、結婚生活を幸せにするには相互努力も必要です。ですが、なるべく安心して生活できる相手と一緒になりたいと思うのが女心なのです。

 「相手が自分を心から愛していること」「相手が自分の気持ちをしっかりと受け止めてくれていること」を互いに常に実感することこそ、最高の安心感につながるのです。

【桜井結衣の恋愛コラムガイド:桜井 結衣】


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…