出会いの基本に原点回帰。名刺交換の効果とは?

連絡先交換といえば、LINEが当たり前となってしまった今、名刺交換の重要性を忘れかけていませんか? 名刺=身元保証。 奥の手(何かあったときの連絡先)があるとないとでは、大きく違います。

楽しいだけの恋愛をそろそろ卒業したいと思っている、あなた! 彼の名刺、意中の彼の名刺を持っていますか?

LINEの怖さ=機種変で引継ぎが上手くいかず連絡先が消えちゃう!?

出会いの場とはお互いの身元をはっきりさせる場でもあります。 このタイミングを逃すと、相手の電話番号や会社名、誕生日など、パーソナル情報が聞きづらくなります。実際10代、20代の若者にインタビューすると、友達の名前すらフルネームで言えない、漢字で書けない人が続出しています。

現代病と言ってしまえば、そこで終わりですが、本当にそれでいいのか疑問に思うことがあります。彼の名前をフルネームで知らない関係で、果たして結婚がありうるのでしょうか。

そういう意味で、名刺は万能薬といえるでしょう。 彼の名前、コミュニティー、個別の連絡先(メールと電話) が分かります。会社に電話することは、まずないでしょうが、少なくてもLINEのIDよりは個人が特定でき1歩踏み込んだ関係性を築くためのきっかけになるのではないでしょうか。名刺を渡さない(パーソナル情報を開示しない)というのは、 それだけの関係ともいえます。自宅住所より教えやすいのが職場。 それすらうやむやにする彼は本当に要注意です。

「名刺ちょうだい」この一言

出会ってすぐ、あるいは2回目のタイミングで、彼にはっきり言う。仕事柄、自分の名刺がなくても、相手の名刺をもらうことは問題ありません。「私は名刺ないのですが、お名刺もらえますか?名前をちゃんと覚えたいので」、 名前を覚えたいとはっきり伝えるところがポイントです。

酒の場で、初めて会った人の名前をフルネームで覚えることはまず無理でしょう。そこでも名刺が功を奏します。

LINEのIDだけでは、わからない個人情報を、昔からのテクニックで入手していきましょう。

彼の勤務先もわかるので、より誘いやすくなりますよ。LINEに頼らない自己紹介、本当にお薦めします。

 

Written by 牡丹

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…