友人のおめでた婚で「本当にめでたい!」と思う瞬間

その昔は「できちゃった婚」と呼ばれていましたが、今は「おめでた婚」や「授かり婚」「マタニティ婚」と言われているみたいですね。確かに「できちゃった」よりも、「おめでた」や「授かり」の方が前向きでワクワクします。

さて。そんなおめでた婚ですが、アラサー女子が友人のおめでた婚で「本当にめでたい!」と心から喜ぶ瞬間をリサーチしてきましたのでいくつかご紹介します!

両親に結婚を認められた

「お互いの両親に結婚を反対されていた友人が妊娠して、それをご両親が心から喜び、やっと結婚できることになった。反対されている間の彼女の辛い気持ちを聞いていたので、あの瞬間は本当に嬉しかったです。」(27歳/看護師)

筆者の周囲にもいました! 全く同じ状況だったカップルが。筆者の友人のそのカップルは、女子側のご両親に大反対され、しかもその反対が3年も続いていました。友人も良い年齢だったので、出産のことなど悩み出していた時期でした。ある日、妊娠が発覚。驚きと嬉しさがあったみたいなのですが、それを両親に伝えることが怖くてなかなか言えなかったのだとか。

しかしそうも言ってられなくなり、彼と一緒に勇気を出して妊娠を伝えにご実家に行ったそうなのですが、その時にまさかのご両親が涙を流して喜んだのだとか。
「豹変ぶりに本当に驚いた」と後日友人が言っていましたが、やはりお孫さんの顔が見れると思ったら感情を抑えきれなかったのでしょうね。また、子供の結婚を許す、なにかのきっかけが欲しかったのかもしれません。ともあれ、この信じられない吉報に筆者も目頭を熱くしたものです。

プロポーズされた日に発覚した妊娠

こんなドラマみたいなことあるんでしょうか! っていうシチュエーションなのですが、実際体験されたS子さん。

「彼とは結婚する前、5年くらい付き合っていたので、お互いなんとなくは結婚を考えていました。30歳の私の誕生日の日に彼からプロポーズをされ、もちろん即答でOK。その後、二人で今後の人生プランを話していたのですが、その時に子供の話しになって。それで、そういえば生理が止まっているってことに気づいたんです。急いで薬局で検査薬を買ってきて検査したら妊娠していることが分りました(笑) ダブルで幸せな夜になりましたね。 」(35歳/主婦)

最高な日ですね! その時のお二人の喜ぶ姿が目に浮かびます。なんとも微笑ましい!
ちなみにこれを聞いたS子さんの友人達はとても喜んで、後日仲良しさん達を集めてベビーシャワーをしたのだとか。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか? 今回の記事は書いていてとても幸せな気持ちになりました。インタビューしてくれた女性達も、みなさん幸せそうに当時を振り返っている顔が印象的でした。
結婚と出産は周囲をも幸せ顔にしてくれる魔法の様です。

 

Written by ヒナタ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…