彼氏にアルバムを見せる前に……注意しておきたい“過去の彼氏の影”

お家デートをしているカップルが、することがある程度なくなった頃に持ち出すものが、アルバムだったりします。

彼氏を家に呼んでいる場合、なにもやることが見当たらなくなったら、「そうだ!」と自分の子どもの頃の写真を見てもらおうと思うこと、皆さん、これまで1度ぐらいはありませんでしたか?

筆者はこれまで、そういう女性と何度か出会ってきたのですが、赤ちゃんの頃から小学生、中学、高校、そして成人式などの写真を見ていくのは、結構楽しい気分になれるものです。

男性って女性ほど節目の折に写真撮影ってしません。だから、どうしても自分の写真もそんなに見返す機会も少なくなります。

だからこそ余計に、自分の彼女の古い写真なんてのは、結構ワクワクして見てしまうものなんですよね。ただし、見せる場合には注意しておくべきポイントもいくつかあります。

男性は「この写真、誰が撮ったの?」と思いながら見ている

思い出を写真に残すというのは有意義なことです。だけど、せめて彼氏に見せるアルバムには、昔の恋人を連想させる類のものは除去しておくのがいいかもしれませんね。

というのも、アルバムを見せてもらっているうちに「あれ?」と思っちゃう構図の写真も、結構あるんです。

たとえば成人して以降、一人暮らしをしている部屋で、リラックスした様子で写真に写っているというもの。これ、彼氏にしてみれば「ああ。撮影者は昔のカレだな」と思ってしまうものなんですよね。

それから、浴衣を着て一人で写ってるものもまた「あ、これから彼氏と花火大会に行く前に撮影したんだな」と思われやすくなってしまいます。

まあ、普通の男性なら別にだからと言ってどうということもないんですけど、嫉妬深い彼氏と交際している場合は要注意です。

そういう男性って、過去の恋愛についてもやきもちを焼いてしまい、結構めんどくさかったりしますから……。

彼氏閲覧専用アルバムを用意してみては!?

嫉妬深い男性は決して多くはないものの、それでも一定数いるのは間違いありません。

さすがに過去の恋愛にまで嫉妬されても面倒ですので、こういう男性への対策方法として、過去の彼氏の影が察知できないよう、該当する写真を抜いた専用のアルバムを用意しておくのもいいでしょう。

同性の友人と旅行に行ったり、家族と写っている写真ばかりを集めたアルバムを1冊用意しておけば、もう安心です。

特に付き合いたてで、まだ相手が嫉妬深いか、そうでないのかもわからない場合は、かなり心強いアルバムになってくれるはずです。

それに、さほど嫉妬深くもない男性でも、自分の彼女の過去の彼氏の存在って、どうしても気になってしまう部分もありますし。

おわりに

アルバム1つとってもめんどくさい男性って、そもそも付き合うには向かないような気もしますが、どうせ交際したのなら、そういう障害もスパイスになるものだと考えるしかありませんね。

個人的には、自分の彼女に過去たくさんの彼氏がいたとしても何とも思いませんけど、気になるタイプってやっぱりいますし。特に交際遍歴が少ない男性ほど、ある種彼女に処女性を求めがち。

理想ばっかり頭にあってもしょうがないんですが、本人も理屈面では納得したいと考えているけど、心はやはり、穏やかではいられないんでしょう……。

 

Written by 松本ミゾレ