30代独身男性、結婚に向いているかの見分け方

厚生労働省が平成27年に発表した人口動態統計月報年計(概数)によると、男性の平均初婚年齢は平成27年の時点で31.1歳。つまり、男性は30代に突入した時点で結婚適齢期真っ只中です。

30代も半ばになれば、適齢期が過ぎてしまったといえるかもしれません。

となれば、「20代で結婚しなかったうえに、彼女のいない30代独身男性は結婚に向いていない何かがあるのかも……?」と疑いたくなる女性もいそう。

「もしもそうなら、どんな30代独身男性を選べばいいの!?」と戸惑ってしまいますよね。この記事では、結婚に向いている30代独身男性の見分け方をご紹介いたします。

女性と縁がなかっただけの男性

男子校卒業、そのまま女性がいない職場へ就職、さらに姉妹もいない……となれば、女性と出会う機会になかなか恵まれないでしょう。

自分から積極的に出会いの場へ行く男性ではないなら、女性と出会うことなく独身のまま30代を迎えても不思議ではありません。

この手のタイプの男性は、女性と縁がなかっただけなので結婚に不向きとは言えないはず。女性慣れしていないぶんエスコートやスマートな振る舞いは期待できませんが、それらはこちらが教えればいいだけのことです。

IT職や研究職だと、女性との出会いがなかった男性がけっこういると思いますよ。

過去に恋愛のトラウマがある男性

高校や大学時代に、ひどい振られ方をして恋愛にトラウマができてしまった……なんていう、恋愛にトラウマがある男性は新しい恋愛がなかなかできません。

トラウマを抱えたままあっという間に30代になってしまったというパターンもあるでしょう。

トラウマの大きさにもよりますが、結婚適齢期を迎え、更にそれが過ぎようとしたとき「トラウマを抱えたままじゃダメだよな……そろそろどうにかしたい」という気持ちが芽生え、トラウマに立ち向かおうとするときがあります。

そういうタイミングになっている時期なら、付き合ってその後結婚という道も望めます。トラウマのせいで男女交際ができなかっただけなので、本人に大きな欠点があるということも可能性は大きくないでしょう。

一緒にトラウマを乗り越えよう! くらいの気持ちで接するといいはずです。

長年付き合っているまともな友人がいる男性

30代にもなってくると、長年付き合っている友人もでてくるでしょう。「中学のときから仲良しなんだ」「大学時代に知り合ってそれから月1は飲む仲に」など、いい友人関係が築けていると思います。

ここで気をつけたいのは、そういう長年付き合っている友達がいない、あるいはいたとしても問題がありそうな友達だった場合です。

長年付き合っている友達がいないということは、誰かから長く付き合ってもらえない残念な人物である可能性があります。あるいは、すぐに人と縁を切るタイプなのかも。

問題がありそうな友達がいるのは、そういう友達と付き合うこと自体に疑問を感じます。その人の交流関係を見ていくと、その人自身のことが意外とわかったりするものですよ。

最後に

“結婚適齢期を過ぎても独身”だからといって、なにか必ず問題があるというわけではありません。たまたま独身だったというだけのことです。

それでも、なかには結婚に不向きな男性もいるでしょう。婚活をする際は、結婚に向いているかどうか、しっかり見極めてくださいね!

 

Written by 神之れい

【参照】
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai15/dl/gaikyou27.pdf