女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【おひつじ座・B型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「おひつじ座・B型のあなた」編です。

基本性格

情熱的で思い立ったら即行動するおひつじ座。B型も同じように、自分のやりたいことは強く推し進めていきます。どちらも強気で勝気な性格。この2つの組み合わせは、強い意志力を生み出すのです。なので、誰が何と言おうと我が道を行くでしょう。

裏表がなく単純明快。ただ、あまり人の意見は聞かず、自分のペースで物事を進めていきます。また、欲しいものは何が何でも手に入れたいという子どものような面もあるでしょう。失敗も多いですが、立ち直りが早いので、前向きにアグレッシブに人生を歩んでいけます。

かなり楽観的な性格だと言えるでしょう。誰の前でも意見をハッキリ言えるので、あまりストレスはたまりません。

コンプレックス

自分に自信を持っているので、あまりコンプレックスは持っていません。ただ、自信満々で提案したり、絶対いけると思って好きな男性にアプローチしたのに失敗してしまったら、かなり落ち込みます。

なぜ失敗したのか考える余裕もないくらい、落胆の表情を隠せないでしょう。そんなとき、自分はなんてダメなんだろうと、周囲が心配するくらい気落ちして、自分への自信を無くすのです。

恋愛傾向

自身の内から湧き上がる感情と欲求に、とことん正直に生きるのがB型気質。一方おひつじ座は、火のように燃えるパッションを特質とします。恋愛傾向を一言で表現するなら、思いっきりラテン系。

ビビッドな個性と華やかなオーラ、エッジの利いた発言と派手なパフォーマンスは、ある意味日本人離れしていて、かなり目立つ存在のはず。一目惚れしたり、されたりとかなりにぎやかに恋愛遍歴を重ねていくでしょう。

けれど、一気に情熱がヒートアップする分、冷めるのも早い傾向が。相手が振り向いたとたんに気が済んでしまったり、関係が落ち着くと同時に愛情まで色あせてしまったりというパターンになりがちです。

仕事

パイオニア精神あふれる野心家。その道の開拓者や指導者となり、まったく新しい仕事をゼロから築き上げたいと燃えています。斬新なアイデアと抜群の行動力で、どんなに無謀だと思われることにも果敢にチャレンジ! 道なき道を自分の手で切り開いていくのです。また、プライドが高いため、人の下で働くのを好みません。いずれはトップに立つか、一匹狼になるしかないと考えているでしょう。

恵まれているのは発想力と行動力。こうしたら新規の顧客が増えるとか、こんな新しい仕事は世間の注目を集めると、次から次へと斬新なアイデアが出てきます。飛び込み営業も平気でこなし、瞬く間に成果を上げるでしょう。

適職は、営業職、店の経営者、俳優などです。

相性がいい星座×血液型

しし座×B型の男性
彼とはフィーリングがピッタリ。ビビッときた瞬間、情熱の炎が燃え上がるのがパターンでしょう。交際が盛り上がっているうちに、スピード婚してしまえば、幸せな日々が待っているはず。彼へのアプローチは、思っていることを正直に言えば大丈夫。きっと彼もあなたと同じ気持ちです。

いて座×A型の男性
彼は、あなたと同じく情熱的な面と、あなたにはない慎重で思慮深い面を持っています。なので、あなたに足りないところを補ってくれるベストパートナー。彼へのアプローチは、最初のうちはしおらしくしたほうがよさそう。まずは、友達になってみて、お互いをじっくり知っていきましょう。

ふたご座×O型の男性
あなたの激しい気性やワガママを受け止めてくれるのが、知的でおおらかな彼。一緒にいると不思議と落ち着くはずです。彼へのアプローチは、何かを教えてもらうのがいいでしょう。彼の得意分野を調べて、それについて質問をすると好印象。じわじわと距離が縮んでいきます。

みずがめ座×AB型の男性
理性的で思慮深い彼は、頼れる最良のパートナー。その的確なアドバイスに救われることがしばしばでしょう。彼にアプローチをするなら、お酒を飲もうと誘うのが◎。しらふのときとは、まったく違う情熱的な彼が見られるはず。お酒の勢いを借りて、いっきに距離を縮めていきましょう。

あなたをハッピーにするカラー&アイテム

ラッキーカラー
・レッド
・ゴールド
・オーシャンブルー

ラッキーアイテム
・手鏡
・ハンドクリーム
・システム手帳

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ

関連キーワード

KEYWORDS