女の幸せをつかむ! 12星座×血液型占い【おひつじ座・O型編】

星座も血液型も、その人の性質をあらわしています。けれど、星座と血液型ではまったくキャラが正反対の人もいて、いったいどちらを信じればいいの? と思っている人もいるでしょう。生年月日に基づく12星座と、体質によって異なる4つの血液型。この2つを掛け合わせることで、より詳しくあなたの本質を見極めていきましょう。

今回は、「おひつじ座・O型のあなた」編です。

基本性格

正義感が強く感情をストレートに出すおひつじ座と、積極的で行動力のあるO型。とてもアグレッシブで、情熱あふれる組み合わせです。また、ウソのつけない正直者なので、ちょっと不器用ですが、人からは信頼されるでしょう。

やりたいと思ったことは、即断即決して速やかに行動に移していきます。迷ったり、ためらったりすることはありませんので、優柔不断なところはないでしょう。竹を割ったような、男らしい人柄と言えるかもしれません。

素直な性格で、とにかく感情のおもむくままに突っ走っていきます。そのせいで失敗することもありますが、にくめないタイプのため、何かと周囲に助けてもらえるとても得な性格です。

コンプレックス

他人の気持ちへの細やかな配慮ができないため、「自己チュー」と言われることがしばしばです。自分ではそんなつもりはないのに、そう言われてしまうことをコンプレックスに思っているでしょう。ただ、自己チューだと言われても、自分の気持ちを抑えることができません。

最終的には、自分を理解してくれる人とだけつきあえればいいと、開き直ってしまうでしょう。自分のコンプレックスとしっかり向き合わないと、人間関係は広がっていきません。いいことを言う人よりも、辛口の意見を言ってくれる人を大切にしましょう。

恋愛傾向

情熱的で直情型のおひつじ座気質とアグレッシブでホットなO型の愛情傾向が加わるあなたは、まさにラブファイター。本能のままに恋に落ち、「好き」と感じるやいなや、反射的にアプローチを展開していきます。自ら積極的にアプローチを仕掛け、押しの一手で相手を自分のものにしそう。有無を言わせない強引さと気迫があります。

ただ、衝動が先走るだけに、フライングが目立つのがちょっと難点。いざ恋をつかんだら、「こんなはずじゃなかった……。」と、思うこともあるかもしれません。第一印象と直感で、すべてを決めてしまう傾向があるあなた。後悔したくないなら、本気になる前に相手の人物像や本音をしっかり探りましょう。

仕事

行動力があり面倒見がいいので、チームリーダーとして働くのが合っています。頼もしい性格のあなたなら、ついてきてくれる人はたくさんいるでしょう。ただ、ちょっとつめが甘いところがあり、細かな指示も苦手です。

なので、有能な補佐役が必要。あなたを支え、苦手なことを補ってくれる相手とタッグを組めば、無敵です。できない仕事はないでしょう。くれぐれも、自分一人で何もかも背負いこまないことが大切です。

適職は、販売員、放送関連職、スポーツ関連職などです。

相性がいい星座×血液型

しし座×A型の男性
おおらかさと几帳面さをあわせもつ彼。正義感も強いので、あなたのいけないところを、本気で叱ってくれるでしょう。彼と一緒にいれば、あなたは成長できること間違いなし。彼へのアプローチは、彼を頼り何でも相談をするといいでしょう。そうすれば、彼は愛であなたを包んでくれます。

いて×B型の男性
ラテン系でパワフルな彼とは、ノリが合います。すぐに意気投合できるでしょう。テンションの高い同士、何をするのもスムーズです。彼へのアプローチは、いろいろなテーマでのトークを重ねていくこと。お互いを深く知れば、パッと燃え上がってすぐ終わるような恋ではなく、長続きする恋ができるはずです。

てんびん座×O型の男性
単純明快で正直な彼とは、本音で言いたいことをぶつけ合えます。ケンカをすることもあるかもしれませんが、言いたいことを思いっきり言い合えば、わだかまりは残りません。彼へのアプローチは、外見をオシャレに磨くことが大切です。彼の自慢の恋人になれるよう努力すれば、心をとらえてはなしません。

ふたご×AB型の男性
クールな彼とホットなあなた。一見相容れないように見えますが、そうでもありません。むしろ、お互いの違いを刺激として楽しめるはず。彼へのアプローチは、共通の趣味、あるいは共通の友達を持つことです。そうした接点があれば、仲を深めることができるでしょう。

ラッキーカラー&アイテム

ラッキーカラー
・バイオレット
・パールホワイト
・サーモンピンク

ラッキーアイテム
・目薬
・アンクレット
・帽子

 

星座は12通り、血液型は4通りしかありませんが、両方を組み合わせれば48通りもの診断が可能です。本当の自分を知り、今後の生活や将来の目標を立てるときなど、ぜひ役立ててみましょう。

 

Written by 紅たき

Illustrated by ミツコ